防犯・セキュリティー強化

VI-Patroller

株式会社ヴィンクス

AI防犯システム「VI-Patroller」

「VI-Patroller」は、店舗での万引きを未然に防止するプロダクトです。
AI画像解析により、万引き前の不審な行動を検知して自動的に対応を行います。
うろうろ、キョロキョロ、うずくまり等の不審行動を検知します

VI-Patrollerを無料で資料請求する

VI-Patroller

株式会社ヴィンクス

カテゴリ

  • 防犯・セキュリティー強化

対象業界

  • 小売
  • 卸売

目的

  • 業務改善(効率化)

規模

  • 大企業向け
  • 中小企業向け
  • 個人事業主向け

3つのPOINT

1
AIによる不審行動の検知

point1
point2

2
万引き防止対応の自動化

3
原因不明のロスの削減

point3

 AI防犯システム「VI-Patroller」

「VI-Patroller」は、店舗での万引きを未然に防止するプロダクトです。

AI画像解析により、万引き前の不審な行動を検知して自動的に対応を行います。うろうろ、キョロキョロ、うずくまり等の不審行動を検知します。対応は、NWスピーカーからの自動声がけなどが行えます。

 

「VI-Patroller」の機能や特長

●AIによる不審行動の検知

・AIを応用した動作の画像解析で「うろうろ」や「うずくまり」など、不審行動の検知を行います。

・業種・業態に特化した学習で精度が向上していきます。

・検知した際の前後1分の動画は保管し、管理することができます

・検知したイベント情報は「VI-Manager」へ集約されます。

●万引き防止対応の自動化について

・これまでの対応は、入店、不審行動、万引き、逃走、通報、そして警備員の対応という流れがありますが、この流れの早い段階で、不審行動を検知し、自動的に対応を実行します。

・有人の対応として「お声がけ」「警備員へ連絡」、無人の対策として「音声出力」「モニター表示」などの対応を行います。

●原因不明のロスの削減について

・万引きによる被害は、2010年の推定額で4,615億円と言われております。

・防犯カメラ×AIの活用で、万引き防止対応の自動化を実現して、原因不明のロスを減らします。

・「犯人を捕まえる」のではなく「万引きを止めてもらう」「現場に負荷をかけない」ことをコンセプトにしています。

 

開発者の声

不慣れな言語での開発であったことから課題解決に四苦八苦しました。

私の担当したプログラムはカメラの検知情報を整理し「VI-Manager」に連携するといった部分ですが、カメラ自体の検知設定はどういったものが適切か等、まだまだ勉強すべきことが多いです。

お客様の業務に役立てるよう、これからも開発に取り組んでまいります。

利用料金

利用料金
お問い合わせ下さい
初期費用
お問い合わせ下さい
無料プラン
なし
無料トライアル
お問い合わせ下さい

会社概要

企業名

株式会社ヴィンクス

事業内容

ヴィンクスは、流通・小売業に特化したIT企業であり、国内最大の流通システム会社です。
AI・IoTの分野では、業種・業態に関係なく、AI画像解析による不審行動、侵入検知などの各種AIパッケージ製品を提供しています。

この企業が提供する他のAIサービス

異常検知・予知保全の関連製品はこちら