OpTApf

AIモデル作成

OpTApf

株式会社電通国際情報サービス

AIモデルは自分で作って運用しませんか?
ユーザー主導型AIモデル構築運用ソリューション
OpTApf

OpTApfは、Microsoft Azure上でMLOpsを実現するAIプラットフォームです。
時系列データと画像データに両方対応し、これまでデータサイエンティストが担ってきた
機械学習モデルの作成・運用・管理を自動化します。

OpTApfを無料で資料請求する
OpTApf

OpTApf

株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス

OpTApf

カテゴリ

  • AIモデル作成

対象業界

  • 人材
  • 不動産
  • 金融
  • 物流
  • IT
  • 製造
  • 教育
  • 小売
  • 卸売
  • 保険
  • Webサービス
  • 通信
  • メディア
  • 官公庁

目的

  • 全て

規模

  • 大企業向け
  • 中小企業向け

3つのPOINT

1
Microsoft Azure 上でMLOpsを実現するAIプラットフォームです

point1
point2

2
年間ライセンス費用400万円で全社利用が可能です

3
時系列データと画像データに両方対応します

point3

 

どのような業務上の課題を解決してくれますか?

AI活用の推進に必要なAI人材不足、データサイエンティストの工数問題、
AI活用が進むほど大きくなるAIシステムの構築や管理・運用の外注費用

 

ビジネスに生かし続けられる
AIシステムをMLOpsで実現

OpTApfは、AzureMachineLearningを専門知識がない方でも利用可能なUIを提供します。
AIモデルは、一度作成してずっとそのまま使い続けるものではありません。
環境の変化に伴いデータも変化するため、常に精度を維持するための精度監視や再学習が必要です。OpTApfはAzureMLのにより自動生成したモデルに対し、運用フェーズの精度の確認や再学習までを容易に行えるようにすることで、いつでも「最適な状態のAI」に保つことができます。

 

低コストで実現する機械学習基盤

 

AIモデルの精度などに不確実性を伴うAIプロジェクトの推進には、利用するプラットフォームのコストは大きな課題です。更にAI需要の増大により専門的なAI人材の人件費は高まり続け、AIプロジェクトに踏み切る判断を難しくしています。OpTApfは、月間40万円(税抜)~のライセンス費用と利用した分のAzure使用料だけで専門家でなくとも活用できる全社AI基盤が構築可能です。もう、AIプラットフォームに多額のコストをかける時代ではありません。

 

時系列データと画像データの活用が可能

 

社内でAI活用を浸透させるために重要なのは、多くの関係者がAIによってメリットを得られることです。OpTApfなら、時系列データに加え画像データにも対応することで、企業が持つ様々な課題に対するAIプロジェクトの推進が可能です。特に製造現場などでは、大量の画像データの分類や物体検出が求められます。AzureMLの活用により高いスケーラビリティを持つOpTApfは、最初のAIプロジェクトからずっと活用できるAIプラットフォームです。

利用料金

利用料金
ライセンス 月間40万円~
初期費用
お問い合わせください
無料プラン
なし
無料トライアル
無償トライアルあり
実施条件あり

会社概要

株式会社電通国際情報サービス

企業名

株式会社電通国際情報サービス

事業内容

コンサルティングサービス
受託システム開発
ソフトウェア製品(自社開発ソフトウェア)の販売/サポート
ソフトウェア商品(国内外ベンダーのソフトウェア)の販売/サポート
アウトソーシング・運用保守サービス
情報機器販売・その他

この企業が提供する他のAIサービス

AIモデル作成の関連製品はこちら