AI人材育成・教育

KASHIKA TALK

株式会社アレグロマジック

愛とAIがある会話教育を。
「KASHIKA TALK」

「KASHIKA TALK」は会話やコミュニケーションを定量的に数値化し、
不足している能力を成績上位者との比較により見える化。
会話やコミュニケーション能力の強化・改善評価に役立てて頂くサービスです。

KASHIKA TALKを無料で資料請求する

KASHIKA TALK

株式会社アレグロマジック

カテゴリ

  • AI人材育成・教育

対象業界

  • 人材
  • 不動産
  • 金融
  • 物流
  • IT
  • 製造
  • 教育
  • 小売
  • 卸売
  • 保険
  • Webサービス
  • 通信
  • メディア
  • 官公庁

目的

  • 業務改善(効率化)
  • 社内教育

規模

  • 大企業向け
  • 中小企業向け

3つのPOINT

1
会話解析AIによる自動レポーティングでフィードバックが受けられるため、教育者により生じる微妙な指導のブレを回避し、教育コストを削減し、全体的な営業力のボトムアップができます。

point1
point2

2
一人ひとりのコミュニケーションを、KASHIKA TALKにより数値化・グラフ化され課題が明確に。客観的かつ定量的に把握できるため、教育者も分析対象者も双方に納得感が得られます。

3
膨大なサンプル数を必要とする他のAIサービスとは異なり、KASHIKA TALKはわずかな成績上位者の会話サンプルからモデルが抽出可能です。また独自のフレームワークAI技術により、音声・テキストなどあらゆるデータから分析を行うことを可能にしています。

point3

どのような業務上の課題を解決してくれますか?

・成績上位者によるトーク傾向が可視化できておらず会社としてノウハウを蓄積できていない

・良い会話やコミュニケーション能力が具体化できず感覚的な教育・指導になってしまっている

・新人教育や営業研修などに時間が掛かりすぎてしまう

 

会話の内容構成やロジックの有無まで解析

KASHIKA TALKの技術的特長は、独自のフレームワーク技術(コグニティ株式会社提供)を使用していることです。

文書や会話(音声データ)などのすべてのコミュニケーションをアノテーション(タグ付け)し学習させることで、固有名詞や言語差に影響されることなく、構成要素を比較し様々なパラメータから解析することを可能にしています。

 

プレゼン・商談・接客・社内文書など
多様なシーンを分析

コミュニケーションデータをアノテーション(タグ付け)する工程は、人による作業とAIによる「機械学習」を組み合わせにより実現しています。

そのため分析対象となるデータは特定のシーンだけではなく多種多様なシーンを解析対象とし、更にメール・チャット・その他社内文書までも解析対象とする事を可能にしています。

 

導入ハードルが低い

KASHIKA TALKの導入に環境の準備や機材の導入などは必要ありません。

会話データも一般に市販されるボイスレコーダーがあれば可能、また専用アプリをお使いいただければ普段お使いのスマートフォンでも可能です。

さらに導入コストも検討しやすい価格でご提供しています。

利用料金

利用料金
解析チケットの買取数に応じて変動
初期費用
150万〜300万程度
無料プラン
なし
無料トライアル
相談

会社概要

企業名

株式会社アレグロマジック

事業内容

Web・モバイル・スマートフォンサイトの企画・デザイン及び制作・システム開発
スマートフォン・タブレットサイトの企画・デザイン及び制作・システム開発
スマートフォン・タブレットアプリの企画・デザイン及び開発
Javascript・HTML5コンテンツの企画・デザイン及び制作
IoTコンテンツの企画・デザイン及び制作
AI(人工知能)コンテンツの企画・デザイン及び開発
コンテンツマーケティング事業
キュレーションメディア運営

AI人材育成・教育の関連製品はこちら