invox

OCR・文字認識

invox

株式会社Deepwork

請求書の面倒なアナログ業務を
ぜ〜んぶ自動化!

invoxはどんな形式の請求書が届いても、
99.9%正確にデータ化、振込データや仕訳データを自動生成します。

invoxを無料で資料請求する
invox

invox

株式会社Deepwork

株式会社Deepwork

invox

カテゴリ

  • OCR・文字認識

対象業界

  • 全て

目的

  • 業務改善(効率化)
  • コスト削減
  • 作業品質改善

規模

  • 大企業向け
  • 中小企業向け

3つのPOINT

1
AI OCRによるデータ化とオペレーターの確認を組み合わせて、99.9%以上の精度を実現

テクノロジーと人の力を融合することで効率化と高い精度を同時に実現し、取引先からどんな形式の請求書が届いても、99.9%正確に振込データや仕訳データを生成。経理の支払・計上処理を自動化します。

point1
point2

2
仕訳データも自動生成

仕訳を計上するには、部門やプロジェクト、勘定科目など請求書に記載されていない情報が必要です。 invoxは、請求書の発行元や計上部門など特定の条件に一致する仕訳パターンを定義する仕訳辞書とデフォルト仕訳設定という仕組みで仕訳データを自動生成します。

3
申請・承認ワークフローを設定可能

invoxは請求書のワークフローを設定できます。 ワークフローを設定することで、請求データの二重チェックや決裁権限に応じた承認を行えます。

point3

受け取り請求書に関する悩み
invoxがまるごとDX
(デジタルトランスフォーメーション)

 

もう、請求処理は確認するだけ

invoxは、電子化された請求書をデータで受領する場合は自動取り込み、
紙で受け取る場合はスキャンするだけ、
取引先からどんな形式の請求書が届いても、99.9%正確に振込データや仕訳データ、請求データを生成し、
経理の支払・計上処理を自動化するクラウドサービスです。

 

STEP.1 請求書の取り込み

請求書が電子化されたデータで届く場合は、PDFや画像データをアップロードするか、
専用のメールアドレスをCcに入れて送ってもらうか、Googleドライブ等の専用フォルダに置くだけで取り込み、
紙で届く場合は、対応スキャナでスキャンするだけで、データ化がはじまります。

取り込み後は、クラウド上で確認・修正できるため、働く場所に縛られずテレワークが可能です。

 

STEP.2 99.9%以上の精度で自動データ化

取り込んだ請求書は、AI OCRがレイアウトを認識して明細までデータ化、
結果をオペレータが確認することで、どんな請求書でも99.9%以上のデータ化精度を保証しています。
源泉徴収税や軽減税率など、経理の知識が必要な請求書のデータ化もご安心ください。

急ぎのときはAI OCRのみで即時データ化(精度保証なし)にも対応しています。

 

STEP.3 結果を確認

データ化の結果は、請求書原本の画像と並べて確認できます。
データを手入力する手間だけでなく、紙とパソコンを行ったり来たり確認することで生じる見落としを防げて、
大変なチェック業務を効率化できます。

実際のデータ化結果画面

 

STEP.4 会計ソフト・銀行・ERPに連携

確認したデータは、支払のための振込データ(全銀フォーマット)を銀行に連携し、
計上のための仕訳データをお使いの会計ソフトやERPに連携、
経理の支払・計上処理を自動化します。

連携する会計ソフト等

2021年4月現在、以下の会計ソフトやERP等と連携しています。
今後も続々と連携先を増やしていく予定のため、以下にない会計ソフトをお使いの場合でもお気軽にお申し付けください。

 

サービスの特徴
支払と計上に必要な項目を正確にデータ化

標準の請求書のデータ化項目は、
「発行者法人番号・発行者名・請求日・支払期限・支払先口座・請求金額・税区分ごとの金額の内訳」です。

加えて、AI OCRによって「請求明細」と「請求書番号」をオペレータ確認なしでデータ化し、
明細の品番や品名で自動仕訳ができます。

利用料金

利用料金
ミニマム
月額1,078円(税込)

ベーシック
月額10,780円(税込)

プロフェッショナル
月額32,780円(税込)
初期費用
0円
無料プラン
お問い合わせください
無料トライアル
あり

会社概要

株式会社Deepwork

企業名

株式会社Deepwork

事業内容

請求処理自動化サービス invox(インボックス)の開発・運営

OCR・文字認識の関連製品はこちら