FEEDER

株式会社エムティーアイ

カテゴリ

  • 画像認識・画像解析

対象業界

  • 人材
  • 不動産
  • 金融
  • 物流
  • IT
  • 製造
  • 教育
  • 小売
  • 卸売
  • 保険
  • EC
  • Webサービス

目的

  • 業務改善(効率化)
  • コスト削減
  • 作業品質改善

規模

  • 大企業向け

製品の詳細

AIの活用で経費精算を より簡単スピーディーに!

FEEDERは、スマートフォンやタブレットで撮影した領収書の画像をアップロードすれば、画像認識や機械学習機能により経費精算レポートを自動生成できるアプリです。今までの約半分の時間で経費精算の処理が可能となり、これにより作業時間の50%程度を削減することができます。業務効率化により企業の働き方改革に貢献するツールとして、株式会社エムティーアイとAutomagi株式会社が共同開発しました。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい なし なし

 Point

  • フリーフォーマットにも対応、「読み取り」と「記述内容の総合判断」を行うから異なる書式でも識別可能です。
  • 画像からの活字識字率は、1文字単位で約99%、さらにAIが領収書データから学習し識字率が自動向上します。
  • 処理している領収書が、経費項目のどこに該当するのかをAIが判定します。

お問い合わせはこちら

 

どんな領収書でもFEEDERでカンタン申請

近年では、企業の長時間労働の見直しから、効率の良い業務の進め方が必要とされています。FEEDERは、業務効率化により企業の働き方改革に貢献するツールとして、経費精算業務の効率化を支援するアプリとして開発されました。フリーフォーマットに対応しており、書式が違う書類でも「読み取り」データと「記述内容」を組み合わせることで高い識字率を実現しました。

高い識字率のFEEDER OCR!

2017年6月よりエムティーアイグループ7社で、『FEEDER』が導入されました。試験導入では、今までの約半分の時間で経費精算の処理が可能となり、作業時間の50%を削減することができました。

経費項目はFEEDER AIが自動設定

処理している領収書が、どの勘定科目に該当するのかもAIが判定します。画像からの識字率は、一文字単位で約99%、データ項目単位(複数の文字)の認識でも約90%の精度を誇ります。日付や金額など精算時に必要な項目が記載されている箇所を事前に設定する必要はなくなります。

 

 

会社概要

企業名

株式会社エムティーアイ

事業内容

モバイルサービス事業
「ヘルスケア」「フィンテック」「音楽・電子書籍」「生活情報」「エンターテインメント」など、毎日の暮らしを楽しく便利にする多彩なサービスを提供しています。

関連製品はこちら