チャットボットソリューションCB1CB2のロゴ-AI・人工知能をベースに開発した製品・ソリューション・サービスの比較・検索・資料請求プラットフォーム

チャットボットソリューション CB1 / CB2

NDIソリューションズ株式会社(チャットボット提供ベンダー企業)AI・人工知能の製品・ソリューション

NDIソリューションズ株式会社

1981年の当社創設以来、基幹系業務システム開発やIT基盤構築を事業の中心としております。 現在は昨今の激しいIT利用技術の変化に対応すべく、AI,RPAといった新しい技術への取り組みと既存事業との連携を強化し、より一層高い付加価値のあるシステム構築を支援しております。

チャットボットソリューションCB1CB2のロゴ-AI・人工知能をベースに開発した製品・ソリューション・サービスの比較・検索・資料請求プラットフォーム

カテゴリ

  • チャットボット

対象業界

  • IT
  • 全て

目的

  • 問合せ対応
  • 受付
  • 業務改善(効率化)

規模

  • 大企業向け

製品の詳細

活用の幅は社外から社内まで、豊富な連携オプションでさらなる省力化を

 

CB1/CB2は、IBM Cloud上で動作するチャットボットアプリケーションです。CB1は、1問1答形式のQA型AIチャットボット、CB2は、対話形式の質問絞り込みに対応しています。2つの側面からより広範囲の会話に活用可能です。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問い合わせ下さい

 Point

  • 企業共通のFAQ400件、サンプル質問文3000個を活用し、短時間で業務利用できます。
  • 定期的に運用課題を改善するため、専門家によるチューニング支援サービスがあります。
  • RPAやLINEなど多種多様な連携オプションで、より広範囲な活用を実現します。

無料で資料請求する|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

チャットボットソリューションCB1/2_AI・人工知能製品ソリューションチャットボットソリューションCB1/2

CB1/CB2はIBM Cloud上で動作するチャットボットアプリケーションです。

CB1/CB2は単なるFAQ自動回答だけでなく、基幹システム連携やRPA連携などの豊富なオプションによって、幅広い業務活用ができることが特長です。

 

≪チャットボットソリューション CB1とCB2 2つのラインナップ≫

CB1:1問1答形式のQA型AIチャットボット

「お客様向けサービス(コールセンター)」と「社内業務問合せ」の両方で活用できます。

主な効果は省力化・サービスレベル平準化・サービス時間拡大です。

 

CB1_CB2はIBM Cloud上で動作するチャットボットアプリケーションでコールセンターとバックオフィスの事例_AI・人工知能製品ソリューション

 

CB2:対話形式の質問絞り込みに対応。より広範囲の会話に活用可能。

気配りのある1問1答に加えて対話形式の質問絞り込みに対応することで、CB1よりも広範囲の会話に活用可能です。

 

チャットボットCB1/CB2 On IBM Cloud Watson_AI・人工知能製品ソリューション

 

 

他社チャットボットサービスとの違い_AI・人工知能製品ソリューション

コーパスの応答品質を向上・安定させるためには、定期的なメンテナンス(更新作業、体制、ノウハウ・スキル)が不可欠!!

NDISはコーパス精度向上を継続的にご支援します!

 

チャットボットサービスCB1_CB2はRPAなどのサービスとも連携_AI・人工知能製品ソリューション

またチャットボットはRPAなどのシステムとも連携!!

得意先・社員からの在庫確認、仕様確認、見積依頼にチャット自動回答します。

チャットボット導入事例

  • チャットボットソリューション CB1 / CB2ををNDIソリューションズ株式会社に導入した事例_AI・人工知能製品ソリューション

    チャットボットソリューション CB1 / CB2

    チャットボット導入企業:NDIソリューションズ株式会社(自社)

    自社事例~人事総務向け 社内問合せチャットボットの開始~...続きを読む

会社概要

NDIソリューションズ株式会社(チャットボット提供ベンダー企業)AI・人工知能の製品・ソリューション

企業名

NDIソリューションズ株式会社

事業内容

1981年の当社創設以来、基幹系業務システム開発やIT基盤構築を事業の中心としております。
現在は昨今の激しいIT利用技術の変化に対応すべく、AI,RPAといった新しい技術への取り組みと既存事業との連携を強化し、より一層高い付加価値のあるシステム構築を支援しております。

関連製品はこちら