データ活用・分析

CrowdANALYTIX for Merchandising Analytics(CAX MDA)

株式会社マクニカ

マーチャンダイジングの分析プラットフォーム!
CrowdANALYTIX for Merchandising Analytics
(CAX MDA)

CrowdANALYTIX for Merchandising Analytics(CAX MDA)は、
MDが「迅速」に「効果的な」販売計画を立案できるように支援する分析プラットフォームです。
人ではトラッキングしきれない商品数とKPIを分析し、MDに対してフォーカスすべき分析結果のみ表示します。

CrowdANALYTIX for Merchandising Analytics(CAX MDA)を無料で資料請求する

CrowdANALYTIX for Merchandising Analytics(CAX MDA)

株式会社マクニカ

カテゴリ

  • データ活用・分析

対象業界

  • 小売

目的

  • データ分析

規模

  • 大企業向け

3つのPOINT

1
これまでBIツールやExcelとにらめっこしていた分析時間を削減!

point1
point2

2
マーチャンダイジングの可視化! 人では網羅することのできない商品数とKPIをトラッキングし続ける

3
MDがフォーカスすべき分析結果のみ表示し、効果的な販売計画を迅速に立案可能に!

point3

どのような業務上の課題を解決してくれますか?

・MDの担当しなければならない商品点数とKPIが多すぎてカバーしきれない
・毎回BIツールやExcelから分析するのに時間がかかる
・限られた時間の中の「最低限の分析」と「経験」と「勘」で販売計画を立ててしまっている

 

Step① 商品関連のデータ収集

まずは、担当カテゴリー内の商品に関連する過去数年分のあらゆるデータをプラットフォームに取り込みます。
それはリアル店舗の場合は、POSシステム、商品マスタ、取引先ポータル等からデータを取り込み、ECの商品も対象の場合は、EC関連のトラフィックも含めて様々なソースからデータを取り込みます。

 

Step② トラッキングするKPIの選定

次に、取り込んだデータに対してどのようなKPIをトラッキングし続けるのかを選定します。売上、利益、個数はもちろんのこと、販売率、在庫回転率、Web閲覧数、カート投入率など、普段商品担当者やMDがトラッキングしているKPIは勿論のこと、本当はすべきだが工数的にトラッキングできていなかった重要なKPIも含めます。
例えば、最近ECを開設したが、出品している商品をECならではのKPIをトラッキングできていない場合は、PV率、カート投入率、カート離脱率、等のKPIをこのステージで含めます。

 

Step③ 様々なKPIを複合的に分析

そして分析段階では、過去から現在までの商品関連の大量のデータを、選定した様々なKPIの観点から、「直近の実績」 vs 「過去の実績」や「直近の実績」vs「目標数値」等、複数の比較分析を行います。

 

Step④ 分析結果を単一ダッシュボードに表示

その後分析の結果、特に過去の傾向や目標数値と乖離のあるKPIを特に考慮すべきイベントとして検知します。その結果は、メールボックスのようなダッシュボードに表示し、商品担当者やMDはそのダッシュボードに上がった結果をもとに販売計画の立案に取り掛かることができます。

利用料金

利用料金
お問い合わせください
初期費用
お問い合わせください
無料プラン
お問い合わせください
無料トライアル
お問い合わせください

会社概要

企業名

株式会社マクニカ

事業内容

マクニカは創業以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。近年は、従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。

この企業が提供する他のAIサービス

データ活用・分析の関連製品はこちら