ルーチン業務をロボットで自動化

AIサービスロボット

キングソフト株式会社

AIサービスロボット

AIシステムを搭載した新時代サービスロボット誕生。
AIサービスロボットは多くのコミュニケーションサービスで培った知見をもとにさらに進化し続けるロボットです。

AIサービスロボットを無料で資料請求する

AIサービスロボット

キングソフト株式会社

カテゴリ

  • ルーチン業務をロボットで自動化

対象業界

  • 全て

目的

  • 受付
  • 接客
  • コミュニケーション
  • 顔認証

規模

  • 大企業向け
  • 中小企業向け

3つのPOINT

1
自律走行機能

マップ情報を読み込む事で、障害物などを瞬時に認識しながら走行・案内誘導が行えます。

point1
point2

2
アバター機能完備

アバターとして、遠隔操作・遠隔通話・遠隔誘導が基本機能として付帯されています。

3
多彩な基本機能

標準装備される機能が多彩なため、利活用にあたって追加でサードパーティを利用する必要がありません。

point3

 

AIサービスロボットとは

お客様ガイド、販売促進、質疑応答、遠隔操作、自動充電などの機能が実現可能です。また、お客様の需要に合わせて、カスタマイズを行うこともできます。
現在、オリオンスターAIサービスロボットは博物館、図書館、ホテル、銀行、医療施設、学校、 ショッピングモールなど20を超える施設で導入されています。様々なシーンで音声コミュニケーションを駆使して来場者へ既に累計300万回以上のサービスを提供しています。

多くのコミュニケーションサービスで培った知見をもとにさらに進化し続けるAIサービスロボットです。

 

機能紹介

 

実用事例

熱感知機能

ORION STAR AI サービスロボットでは熱感知機能を利用して人の体温チェックを行うことが可能です。コロナウィルスの感染拡大が懸念される中国では、実際にLankyが施設入口で来訪者の体温チェックを行っています。人を認識するのとほぼ同時に体温チェックを行い、設定した体温以上の人を感知するとアラームにてお知らせるため、ストレスフリーに健康状態を管理することができます。

 

ご納品までのフロー

利用料金

利用料金
お問い合わせください
初期費用
お問い合わせください
無料プラン
お問い合わせください
無料トライアル
お問い合わせください

会社概要

企業名

キングソフト株式会社

事業内容

デジタル革命に対応し、先端技術を切り口に、新ビジネスモデルへの挑戦に取り組むべく、完全自立走行型のサービスAIロボット「ORION STAR AIサービスロボット」を取り扱っています。「労働人口の減少」と「買い物弱者への対応人員の代替」として2020年から日本での販売を開始しています。

ルーチン業務をロボットで自動化の関連製品はこちら