AI NEWSAIsmiley編集部がピックアップした最新のAI・人工知能ニュースをお伝えします

AI搭載の自動収穫・運搬ロボットを労働力確保の切り札に!

参照URL:https://special.nikkeibp.co.jp/NBO/businessfarm/newstopics/11/?P=1

AI搭載の自動収穫・運搬ロボットを労働力確保の切り札に! 大規模な畑作地帯である北海道・十勝地方。帯広から車で約1時間、大雪山系南麓にある鹿追町は加工・業務用キャベツの作付けを拡大しているが、深刻な労働力不足が大きな課題となっている。省力化によって労働力不足を解決し、新たな栽培体系の確立を目指して、立命館大学やJA鹿追町、農研機構などが連携し、露地野菜の自動化・ロボット化に向けた研究開発が進んでいる。鹿追町で開催された実演公開で、AIを活用したキャベツの自動収穫とコンテナの自動運搬・積載、タマネギの自動収穫とコンテナへの自動伴走積載などが実施された。 https://special.nikkeibp.co.jp/NBO/businessfarm/newstopics/11/?P=1 さらに見る