異常検知・予知保全のサービス比較と企業一覧

わずか30秒 異常検知・予知保全を比較検討し、無料で資料請求

異常検知・予知保全とは?

このページでは、異常検知・予知保全AIサービスの利用料金や初期費用、無料プラン、トライアルの有無を一覧で比較・確認することができます。サービスを比較検討後、希望条件に合うプロダクトが見つかりましたら無料で資料請求ください。

プロダクトの選定にお迷いの方は他のサービスもまとめて比較検討できる「異常検知・予知保全を全て無料で資料請求」をご利用ください。

異常検知・予知保全を全て無料で資料請求
  • 全ての異常検知・予知保全サービスを比較検討のためチェックする

  • 選択する

    サービス名AI型異常検知・予測サービス「 LUiNa」 株式会社アイ・アイ・エム

    システム監視の高度化からIoTデータ活用まで、
    蓄積データを活用し高精度な異常検知・予測を提供

    お客様がお持ちの時系列データから、高精度な異常検知・予測を行います。

    利用料金
    お問い合わせ下さい
    初期費用
    お問い合わせ下さい
    無料プラン
    なし
    無料トライアル
    有償POCあり
  • 選択する

    サービス名AIデータ解析サービス「AMATERAS RAY」 株式会社 aiforce solutions

    AIデータ分析からAIプロトタイプ作成までを簡単作成

    PoC期間が最短で1日に、速やかなAIサービスの利用開始を実現します。

    利用料金
    お問い合わせ下さい
    初期費用
    無料プラン
    なし
    無料トライアル
    あり
  • 異常検知・予知保全とは?

    異常検知システムとは、その名の通り異常を検知するためのシステムを指すわけですが、分野ごとに「異常の種類」は異なります。例えば製造業の場合、近年は目視での製品検査に代わってAIを活用した検査を導入する企業が増えている状況です。しかし、生産設備が故障してしまえば、せっかくAIを導入したにも関わらず生産性を低下させてしまいかねません。そのような事態を避けるために、異常検知システムによって装置の異常や故障などを未然に防ぐための異常検知システムが導入されているのです。また、クレジットカード会社では、異常検知システムを利用した不正利用の検知も行われています。昨今はクレジットカードを悪用した詐欺なども多々起きていますので、このようなトラブルを避ける上でもAIを活用した異常検知システムは欠かせないものになりつつあります。

    そして最近では、高度成長期のインフラ設備が老朽化しつつあることも社会問題となっていますが、そのような問題を解消するうえでも異常検知システムは有効活用されている状況です。具体的には、壁やトンネル、道路、橋、鉄塔といった設備において、ボルトが緩んでいたりヒビ割れが起きていたりしないか、ドローンによって確認する作業が行われています。これにより、人がリスクを犯して高いところへ登ったり、橋の下へと潜り込んだりする必要もありません。

    原則として、異常検知は「現在すでに起きている異常を検知すること」を指します。そのため、今後異常が起きそうなものを検知することは異常検知には含まれません。異常の予兆を察知し、異常が起きる可能性を指摘することは「予知保全」と呼びます。これは場合によっては、予知保全に対しても「異常検知」という言葉が用いられているケースもありますので、しっかりと判断して区別することが大切になるでしょう。たとえばクレジットカードの場合、既にカードが悪用されている状況を察知したのであれば「異常検知」ということになります。一方、悪用されそうになっていることを検知し、カードの利用を制限することで被害を免れることができたのであれば「予知保全」によって守られたといえるでしょう。

    異常検知・予知保全-AIサービスの選定にお迷いの方は他のサービスもまとめて比較検討できる「異常検知・予知保全を全て無料で資料請求」をご利用ください。

    異常検知・予知保全を全て無料で資料請求