導入事例
プラントエンジニアリング企業

プラントにおける水処理工程の自動化・効率化・標準化

AIカテゴリー 画像認識・画像解析

企業名プラントエンジニアリング企業

業種・業態プラントエンジニアリング

企業規模-

導入サービスサプライチェーンの計画業務最適化サービス

事業内容

プラント施設の設計・運営・管理。

 

業務上の課題や目的

物理的に巨大なプラント施設の一部を占める水処理工程における、水質監視の自動化・効率化・標準化。

暗黙知のノウハウが求められる業務として従来は認識されており、ベテランの検査員が水質を監視していた。検査員によって監視精度にばらつきがあること、将来の後継者不足の懸念がある中で、機械による標準化が課題であった。

この標準化をAIを通して実現するべく、データサイエンティストの雇用・AI開発ツールの検討を進めていたが、費用対効果・現場の作業員が日々利用出来るわかりやすい操作性を両立するツールを探すのに苦慮していた。

 

製品・サービスを導入した効果

現場の検査員がIMGを活用することで、オペレーションに耐え得る精度を超える水質判定AIモデルを構築。これにより標準的に高い精度で水質判定を行うことが可能となる為、本番導入を推進中。

また、画像解析に留まらない、数値解析も組み合わせたモデルの構築を通じ、プラント全体の生産性の更なる向上も検討中。

 

この導入事例を読んでいる人におすすめのAIサービス