マーケティングオートメーション(MAツール):セールスマネージャーLiny(製品提供:ソーシャルデータバンク株式会社)導入事例

CV率が30%改善、顧客獲得単価(CPA)を低減

セールスマネージャーLiny

賃貸不動産事業

ランディングページのオプトインをLINE@に変更、登録率30%改善!

マーケティングオートメーション(MA)LinyランディングページのオプトインをLINE@に変更、登録率30%改善!チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

リスティング広告やランディングページによって、見込客のメールアドレスリストを集めたり、

お問合わせや資料請求を促していた賃金不動産事業のB社は、メールに変わる配信を探していました。

メールアドレスによるお客様の30%がコンタクトを取ることが出来ないことに悩んでいました。

目的

○メールアドレスに変わる配信スタンドの構築

課題

○取得したメールアドレスの30%はコンタクトが取れない

○メールアドレスを入力するのが面倒だというエンドユーザーが多い

○メールマガジンが迷惑メール判定されたり、他社の情報に埋もれてしまう

マーケティングオートメーションLinyの効果

○オプトイン率の向上

○顧客獲得単価の低減

○登録率が30%上昇

 

 

 

マーケティングオートメーション(MA)セールスマネージャーLiny(リニー)(製品提供:ソーシャルデータバンク株式会社)導入事例|社名非公開賃貸不動産事業

 

 

 

 

 

 

業務上で直面した課題について教えてください。

メールアドレスを入力するのが面倒と思っているエンドユーザーが多い メールアドレスを入力しても、迷惑メールフォルダに振り分けられる サーバー側で迷惑メール判定され、受信されない 受信してもメールマガジンが他のメールマガジンの中に埋もれていた点です。メールアドレスだと、取得した分の30%もお客様とのコンタクトが取れませんでした。

 

マーケティングオートメーションLinyを知ったきっかけを教えてください。

それまで、リスティング広告などでランディングページを出稿し、見込客のメールアドレスリストを集めたり、お問い合わせや資料請求を促していましたが、LINE@で顧客管理や、セグメント配信ができないかを検索していました。

 

マーケティングオートメーションLinyを導入した成果や感想を教えてください。

CV率が30%改善した上、CPAを下げることに成功しました。また、お客様とのコミュニケーションがメールからLINEに変わったため、レスポンスも早く、スピーディに提案・商談・契約まで行うことができます。導入後から、1カ月も経たないうちに、成約率も伸び始め、最大で前月比140%を達成した月もあります。

セールスマネージャーLinyを導入したことで、 オプトイン率の向上 WEB接客での成約率の向上 により、顧客獲得単価(CPA)を下げる事が実現できました。 実績では、ランディングページのオプトインをLINE@へ変更することで、登録率を30%も改善。 さらにツールによってセグメントすることができたり、顧客対応をチャットボット的に自動返信できるので、スタッフの運用効率も上がり、生産性と成約率も改善されました。



この記事を読んでいる人におすすめのAIサービス