導入事例
FutureOne株式会社様

数千万~数億円の商材にも対応できるマーケティングツール

AIカテゴリー マーケティングオートメーション 

企業名FutureOne株式会社

業種・業態情報処理

企業規模200~599人

導入サービスBowNow(バウナウ)

FutureOne株式会社様へ
MAツール「BowNow」を導入した事例

新規だけでなく、
既にあるリードをフォローする仕組み

マーケティングオートメーション (MA) BowNow(バウナウ)FutureOne株式会社への導入事例|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

 

ERP・基幹業務システムを中心に業務効率化を叶えるシステムソリューションとITコンサルティングを提供している

FutureOne株式会社の商材は、ERP(基幹系情報システム)経営管理の中枢を担うシステムです。

商材であるERPが数千万円~数億円と高額で、検討期間が長い傾向にあるため、数年間にわたり追客し受注するというケースも

新規だけでなく、既にあるリードをフォローする仕組みも同時に整えたいという課題がありました。

 

目的

○Webサイト上で、商材のブランド・強みをアピールして、見込み顧客のリードを獲得したい。

○リードのアクションを把握し、ホットな、追客すべきリードを営業に渡して商談を増やしたい。

課題

○数年間も追客のうえ受注したという案件もあり、既にあるリードをフォローする仕組みが必要。

マーケティングオートメーションBowNowの効果

○新規訪問企業の情報や商材ページを閲覧した企業のデータを活用し、営業の獲得アポイント数が増えた。

○新たに作成したキーページや、業種を絞ったページを用意したことでコアターゲットから良質な問い合わせが増えた。

お客様の声

Webをもっと活用して、新規リードを獲得していきたいと考えていました。また、当社の商材であるERPは数千万円~数億であり、また、お客様の検討期間も長い傾向にあるため、すぐに売れるものではありません。数年間も追客のうえ受注したという案件もあります。新規だけでなく、既にあるリードをフォローする仕組みも同時に整えたいと考え、MAツールを導入しました。

私たちマーケティング担当以外にも、営業部長など数名にアカウントを発行し、自由にログインできるようにしています。アカウント数に制限がないという点もBowNowの利点の一つですね。また、Bownowでメルマガの掲載コンテンツへのアクセス状況も確認できるので、その情報も営業に開示して、必要に応じて、追客して貰っています。

 

この導入事例を読んでいる人におすすめのAIサービス