導入事例
日本郵便株式会社 様

現場の声を吸い上げ開発してくれたのが嬉しかったです

AIカテゴリー 配送ルート最適化

企業名日本郵便株式会社

業種・業態通信業・陸運業

企業規模2000人以上

導入サービスLoogia

 

郵便・物流業務統括部 集配企画室 集配基盤担当

(兼務 オペレーション改革部 開発担当)

壷内伸樹様

 

導入の目的

ゆうパックの配送業務を効率化したいと考えていました

 

業務上の課題

ドライバーによってルート作成・配送時間が大きく異なっていたので、誰でも簡単に最適なルートを作成できる支援ツールを探していました

 

導入の効果

新人とベテランの配送にかかる時間差が大幅に短縮できました

 

業務上で直面した課題

ドライバーの経験や土地勘によって、ルート作成・配達時間が大きく異なっていた点です。ルート作成には紙の地図を使用していたのですが、経験によって作成スピードが左右され、ベテランが5分~10分で終わるところを、新人は30分~1時間程度かかっていました。配達時間も同様で、ベテランと新人では1時間以上の差がでることもあります。誰でも簡単に最適なルートを作成し、効率的に配達できるツールを探していました。

 

製品を知ったきっかけ、導入した決め手

20179月にスタートした「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」がきっかけです。本プログラムは「これからの時代に応じた郵便・物流を提供し、社会をより豊かに」をキーワードに、スタートアップ企業との共創を目指した取り組みです。そこでオプティマインドさんからの応募があり、Loogiaを知りました。

物流をとりまく多くの条件を考慮できる点が良いと思い、導入を決めました。

 

導入した成果や感想

試行郵便局で効果検証を行った結果、新人ドライバーとベテランドライバーの配達業務(ルート作成時間+配達時間)の差が平均67分あったところが、Loogia導入後は平均17分まで抑えることができました。その他にも、1回の配達業務で10個の荷物を多く配達できたこともあります。

 

この導入事例を読んでいる人におすすめのAIサービス