AIsmiley編集部が作成したAI・人工知能トレンドマガジン

AI・人工知能サービス

2018/9/28

チャットボットを導入したい?フリープラン・無料トライアル4選

  • チャットボット
  • Web接客ツール
  • 機械学習
  • ディープラーニング

チャットボットを導入したい?フリープラン・無料トライアル4選

米オラクルが実施した調査によると、欧米企業の80%では2020年までにチャットボットの導入を求められているというデータもあり、チャットボットを活用したWEB接客は年々普及しています。

ただ、導入にかかるコストやITスキルが不安という方も多いのではないでしょうか。

今回は、フリープランや無料トライアルが可能なチャットボットを紹介します。

 

■フリープラン・無料トライアルが可能なチャットボット4選

チャットボットをゼロから開発するには、専門知識を持ったエンジニアが必要です。

しかし、最近ではプログラミング不要で無料のチャットボットが登場しています。

そのような、チャットボットの代表例を紹介します。

 


・BOTCHAN:株式会社Wevnal

 

チャットボット:BOTCHAN

 

チャットボットは、機械学習やディープラーニングで自ら会話を学んでいくAIアシスタントとは異なり、あらかじめ設定されたシナリオに沿って会話をします。

Wevnalの「BOTCHAN」は、シナリオをユーザー自身が作成できることが特徴的です。

また、自然言語処理、レコメンドエンジンなどといったAIエンジンとも接続ができ、より自然な会話を実現します。

最初のシナリオの作成からサイトへの設置に関する作業までを専用の管理画面で完結するシンプルなシステムのため、チャットボットを初めて導入する方でも扱いやすいでしょう。

初心者にも分かりやすい一方で、シナリオ分岐、プッシュメッセージ、キーワード辞書、外部API連携、メール連携といった多彩な機能が用意されています。

「使える」自然な会話が構築でき、さらにチャットボットの会話の途中から人間 が割り込むことも可能です。

まずは無料のフリープランから、ご要望に合わせて最適なプランをご提案します。

 

チャットボットBOTCHANを資料請求

 


 ・hitTO:株式会社ジェナ

チャットボット:hitto

hitTOは「IBM Watson」とジェナ独自の「hitTO AI」2つのAIを活用した、ユーザーと自然な対話ができるチャットボットサービスです。

hitTOはチャットボットの導入・運用に欠かせない学習データのメンテナンスを簡単にできる管理画面や、様々なサービスと連携できる拡張性などをご評価いただき、多くの企業様にご導入をいただいております。

また、ジェナでは早くからAIチャットボットのサービス化に取り組み、学習データの作成代行や精度向上メニュー、回答精度を上げるための無償レクチャーなど、豊富な実績を活かした充実のサポート体制をご用意しております。

昨年は50社を超えるWatsonエコシステムパートナーの中で、導入実績をご評価いただきBest Partner of the yearを受賞致しました。

hitTOはITヘルプデスクや総務・人事への問い合わせ対応などの社内利用、サービス利用者や法人顧客からの問い合わせ対応などの社外公開と、シーンを選ばずに活用できます。

無料体験では社内利用での活用実績が多い「ITヘルプデスク対応」「総務人事への問い合わせ対応」2つのデモ環境をご用意しております。

 

チャットボットhitTOを資料請求

 


・チャットプラス:チャットプラス株式会社

 

チャットボット:チャットプラス

 

チャットプラスによると、問い合わせの70~90%は定型質問だといいます。

この定型質問が顧客向けにはボタン形式で選択しやすくでき、顧客からの積極的な問い合わせが期待できます。

このようなチャットボットをプログラミング等の知識は必要なく、簡単に作れるばかりか、テキストやボタン形式の他にスタンプや動画など、表現できる内容は国内最多です(特許出願中)。

また、有人チャットとのハイブリットな運用も可能です。

まずは10日間無料トライアルでお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

チャットボットChatplusを資料請求

 


・FirstContact:株式会社バイタリフィ

 

チャットボット:FIRSTCONTACT

 

バイタリフィの「FirstContact」は、IBM Watson(ワトソン)を採用したAI搭載の接客・追客型チャットボットです。

IBM Watsonはユーザーのインテント(意図)・エンティティ(対象)・ダイアログ(背景)を組み合わせて会話を構築するAIシステムです。ただ、いくらAIチャットボットが優秀といっても、文字のやりとりだけでは意図が伝わりにくいこともあります。

その点、FirstContactのチャットボットは、テキストだけでなく画像や選択式の対話機能を搭載しているため、ユーザーはより的確に質問の意図を伝えることができます。

初期費用無料、20日間の無料トライアルから試すことができます。

 

チャットボットFirstContactを資料請求

 


 ■フリープランや無料トライアルお試しで顧客のニーズを見極める

チャットボット無料・フリープラン・トライアル|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

多くの企業がチャットボットをはじめとするWEB接客に期待することは、カスタマーサービスの省力化・コスト削減はもとより、顧客満足度の向上が大きいのではないでしょうか。

導入してみたものの自社の顧客に合わないサービスだったり、運用が難しかったりしては意味がありません。

今回ご紹介したようなフリープランや無料トライアルがあるチャットボットを活用し、自社の顧客が求めるサービスが実現できるかどうか、まずはシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。

AIsmileyでは資料請求された方に、チャットボット各サービスの料金や機能、無料トライアルの有無を一覧で比較検討できる資料と導入事例集を無料でプレゼントしています。

ぜひ、比較検討の材料としてお求めください。

 

【無料資料】AIチャットボット「比較資料」「導入事例集」の入手

 

【無料資料】AIチャットボット「比較資料」「導入事例集」の入手方法

1、下記の「チャットボット製品を資料請求する」のボタンより、チャットボット比較ナビページに飛んでいただき、
「すべてを選択して資料請求する」もしくは興味のある製品を選択し、資料請求ボタンをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力して送信してください。

3、入力されたメールアドレス宛にお問い合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmiley担当者より「チャットボット各サービスの比較資料」「AIチャットボット導入事例集」を送らせていただきます。

AI・人工知能搭載製品を無料で比較検討されたい方はぜひお問い合わせください。