AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIsmiley編集部記事

最終更新日:2020/8/19

注目のチャットボットを一挙比較して紹介!機能や料金が比較表から検討できます

  • 業種・業態

チャットボット比較表資料2020年度版

■資料請求された方にもれなくチャットボット比較表資料をプレゼント!

AI・人工知能の市場は、急激な成長をたどり、2022年の市場規模は1兆7億円になると予測されています。特にチャットボットのような自動応答システムは、多くのサービスがリリースされており、チャットボット導入時にAIを搭載したサービスを利用する企業も多くなりました。

今回の記事では、「チャットボットの導入を検討中」「導入にかかるコスト・料金を比較・調査したい」といった方向けに、AI搭載チャットボットの特徴・料金をまとめた比較表の付いた資料を配布します。


■チャットボット比較表資料2020年度版の目次

・チャットボットとは?

・チャットボットカオスマップ

・AI搭載チャットボットサービス・料金の特徴と比較表


■導入の目的・課題からチャットボットを探せるカオスマップ

本資料では導入の目的・課題からチャットボットを探せるようカオスマップでまとめています。

・業務効率化:顧客向け・カスタマーセンター 社内向けヘルプデスク

・収益アップ:EC向け・コンバージョンアップ 営業支援・CRM連携

・顧客満足度・UX向上:キャラクター・デジタルサイネージ インバウンド対策・多言語対策


■人気のチャットボットの料金や機能を比較表をもとに一挙紹介!

①チャットボットの試用期間・無料トライアルの有無

AI搭載チャットボットサービスの実用性や特徴は、実際に構築してみないとわからない部分が少なくありません。まずは、無料でスタートできる製品・サービスを試してみることをお勧めします。無料期間のおおよその目安は2週間~1か月程度ですが、対象となるのは運用費(ランニングコスト)が一般的です。AIの機械学習データ作成、シナリオの作成等は別途料金の場合がありますので確認が必要となります。

試用期間・無料トライアルがあるサービスであれば、運用フェーズで効果が期待できないという場合でも、チャットボット導入に関する業務の課題整理、シナリオ、機械学習データなどを、運用費をかけずに自社の資産として残すことができます。

 

②導入を検討しているチャットボットの得意・不得意を知る

チャットボットサービス各製品の初期費用の内訳を比較すると、料金プランは実にさまざまです。格安のライセンス費用で機械学習データのカスタマイズにコストがかかる場合もあります。

お金をかけて自社の業務に合った製品が構築できるのは当たり前。これまでのチャットボットの導入・開発実績から既存のデータが使いまわしできるかどうか、有人切替の機能の有無の確認はとても大切です。特に、機械学習データの作成は専門知識が必要とされるので、「AIなら何でもできるはず」とお考えの担当者の方は、導入を検討しているチャットボットの得意・不得意について、チャットボット比較表資料を是非参考にしてください。

こちらの比較表資料には「チャットボット カオスマップ」も盛り込まれております。

チャットボットカオスマップ

 


■チャットボット比較表資料の入手方法

下記の「チャットボットのサービス比較と企業一覧を見る」ボタンより、一覧ページに飛んでいただき、「チャットボットを全て無料で資料請求」もしくは興味のあるチャットボットを選択し、資料請求ボタンをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力し、お問い合わせ内容欄には「チャットボット比較表資料」と記載の上、送信下さい。

3、入力されたメールアドレス宛にお問い合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmileyの担当より「チャットボット比較表資料」をメールにて送付させていただきます。

 

チャットボットのサービス比較と企業一覧を見る

 

※本資料はチャットボットの利用を検討している企業に対して配布しております。同業他社・競合他社への提供はしておりませんので、あしからずご了承ください。

※この比較表資料はチャットボットを提供している企業のプレスリリースや製品サイト、導入実績などの公開情報を基にAIsmiley編集部が独自の主点で取りまとめたもので、網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。

 

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求