AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能関連のコラム、ニュース、サービスなどの情報をお届けします

AIsmiley編集部記事

2019/6/18

Interop Tokyo 2019【AIブースレポート】

  • AI・人工知能の展示会・セミナーレポート
  • Watson(ワトソン)
  • 営業支援・インサイドセールス
  • 需要予測・ダイナミックプライシング
  • 音声認識・翻訳・通訳
  • 広告・クリエイティブ
  • チャットボット

Interop Tokyo 2019【AIブースレポート】|AI・人工知能製品・サービス・ソリューション・プロダクト・ツールの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

先週6月12日~14日にかけて幕張メッセで国内最大級のテクノロジーの展示会「Interop Tokyo 2019」が開催されました。

今回Interlopのテーマとして挙げられたのは、「セキュリティ」、「IoT」、「5G」、「クラウドコンピューティング」、「SDI」、「モバイルブロードバンド」、「エンタープライズIT」、「ブロックチェーン」、「ネットワークインフラストラクチャー」、「AI」でした。その中でもAIに関連するブースをレポートします。

Interop Tokyo 2019のメイン会場|AI・人工知能製品・サービス・ソリューション・プロダクト・ツールの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

Interlopのメイン会場

 

1、AIで問い合わせ対応の手間を減らす!

〇出展AI企業:株式会社大塚商会
〇AIサービス名:たよれーるAIチャットボット、Second Sight

入口からほど近いところに大型ブースを構えていたのは「たよれーる」でお馴染みの大塚商会。

展示していたチャットボットは「たよれーる」の看板が付いており、エンジンはIBM Watsonを採用。
社内向けの問い合わせ対応に力を入れており、定型的な問い合わせやFAQなどの回答に強みを持っている。

チャットボットの他には、防犯セキュリティ対策や来店者分析を行う画像解析ソリューション、建設現場での遠隔作業を支援する「Second Sight」を展示。

大塚商会のAIチャットボットの展示|AI・人工知能製品・サービス・ソリューション・プロダクト・ツールの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

 

2、AIで、広告予算を最適化

〇出展AI企業:DATUM STUDIO株式会社
〇AIサービス名:予算配分・分析の最適化ツール「D-Reg」

会場中央入口付近にブースを構えていたのはDATUM STUDIO社。
DATUM STUDIO社の「D-Reg」は、今まで広告担当者が経験則で行っていた広告予算の配分決定を補助してくれるツール。
広告の予算配分以外にも季節や店頭施策に応じてマーケティング活動のシミュレーションができるところもポイント。
AIで広告予算を最適化したい方にオススメです。

 

3、AIがあなたのプレゼンテーションを評価します

〇出展AI企業:株式会社ピーアンドアイ
〇AIサービス名:AIを活用したプレゼンテーションのトレーニングサービス「プレトレ」

今月サービスをリリースした「プレトレ」はAIエンジンを活用したプレゼンテーション評価サービスです。プレトレにアップロードされた自身の動画データをもとに複数の評価軸でAIが分析、評価しているとのこと。これまでプレゼンの研修を外部に委託されている企業はもちろんのこと、研修業者の講師の方のスキルアップにも活用できるところがいいですね。

AIを活用したプレゼンテーションのトレーニングサービス「プレトレ」|AI・人工知能製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア
 

4、看板料金の新しいカタチ

〇出展AI企業:株式会社ダイナミックプライシングテクノロジー
〇AIサービス名:ダイナミックプライシングシステム

これまで料金が変更されるたびに人件費や交通費などの多く費用、労力を必要としていましたが、ダイナミックプライシングシステムは従来煩わしかった料金変更を専用端末を介し簡単に行えるシステムです。たとえば昼間の料金と夜間の料金を瞬時に切り替えたり、イベント期間中の料金の値上げするなどスムーズに料金変更できたら大幅にコストを削減することができます。料金変更が多い企業は試しに資料を請求してみてはいかがでしょうか。

看板料金の新しいカタチ「ダイナミックプライシングシステム」|AI・人工知能製品・サービス・ソリューション・プロダクト・ツールの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

 

 

ダイナミックプライシングテクノロジー社の資料を請求する|AI・人工知能製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

 

 

5、日本初上陸!AIおもてなしサービス~AIキャラクターで相互コミュニケーション~

〇出展AI企業:豊田通商株式会社
〇AIサービス名:次世代コミュニケーションロボット「SPooN」

豊田通商が販売代理として展示するのはフランスの次世代コミュニケーションロボット「SPooN」。
SPooNを開発したSPooN社は元々ペッパー君の開発に携わっており、今回は満を持してSpooNをリリースしたとのこと。

次世代コミュニケーションロボット「SPooN」|AI・人工知能製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

この猫型のロボットが「SPooN」で、5メートル以内にいる人を検知して対話を始めます。既定のシナリオだけでなく、音声認識で自由な対話にも対応。インターフェースは画面のタッチにも対応しており、キャラクターを触ることで豊かな表現をしてくれるところがかわいいです。ペッパー君を超えるキャラクターになるか楽しみです。

 

 

次回のInterlop Tokyoは2020年4月13日~15日に幕張メッセにて開催を予定しています。

 

 

Interlop Tokyo 2019
主催:株式会社ナノオプト・メディア
会期:2019/6/12(水) 〜 6/14(金)
会場:幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)