AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能関連のコラム、ニュース、サービスなどの情報をお届けします

AIsmiley編集部記事

2019/6/11

デジタルイノベーション2019関西【第二弾イベントレポート】

  • AI・人工知能の展示会・セミナーレポート

デジタルイノベーション2019関西【第二弾イベントレポート】|AI・人工知能製品・サービス・ソリューション・プロダクト・ツールの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

デジタルイノベーション2019関西イベントレポート第一弾に続き、第二弾として気になったAIブースをレポートさせていただきます。

 

1、ITコンサルティング企業が作ったAIチャットボット

〇出展AI企業:ハイブリィド株式会社
〇AIサービス名:IT-Manager SD

IT戦略の策定からシステム構築、その後の運用保守までITライフサイクルを一貫して支援するサービスを提供している企業。
中でもAIチャットボットは利用者からの問い合わせ内容およびその回答結果を自動的に学習し、利用を重ねる度に回答精度が向上する優れものです。
「会社のスマホを落としてしまった」、「名刺を発注したい」などの社内申請業務をチャットから受付し申請マニュアルなどのドキュメントを全文検索してヒットしたファイルを提示してくれるサービスを提供しています。ここまでくるとAIの進化により人が行っていた単純作業は置き換えが容易にできてしまうと誰もが想定できるでしょうね。

ITコンサルティング企業が作ったAIチャットボット「HiBlead」|AI・人工知能製品・サービス・ソリューション・プロダクト・ツールの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

 

2、FAQを徹底活用し、 『わたし、定時で帰ります。』

〇出展AI企業:NTTデータ先端技術株式会社
〇AIサービス名:Quick Reply

IT戦略の策定からシステム構築、その後の運用保守までITライフサイクルを一貫して支援するサービスを提供している企業。
中でもAIチャットボットは利用者からの問い合わせ内容およびその回答結果を自動的に学習し、利用を重ねる度に回答精度が向上する優れものです。
「会社のスマホを落としてしまった」、「名刺を発注したい」などの社内申請業務をチャットから受付し申請マニュアルなどのドキュメントを全文検索してヒットしたファイルを提示してくれるサービスを提供しています。ここまでくるとAIの進化により人が行っていた単純作業は置き換えが容易にできてしまうと誰もが想定できるでしょうね。

NTTDATA INTELLILINKはFAQを徹底活用し、 『わたし、定時で帰ります。』|AI・人工知能製品・サービス・ソリューション・プロダクト・ツールの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

 

3、AI OCRで紙文書・PDFのデータ入力を自動化

〇出展AI企業:エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ西日本
〇AIサービス名:AI OCR「DX Suite」

AI-OCRを活用してRPAの適応が難しいとされていた紙文書の高精度なデータ化を実現。
AIの学習機能によって読み取り精度が向上し続けるため乱筆、字崩れ、枠外へのはみだし、漢字・カタカナ混合、アルファベット・数字混合、複数行の長文にも現在は読み取りが可能になっています。


 

4、不良在庫64%削減

〇出展AI企業:フルカイテン株式会社
〇AIサービス名:FULL KAITEN

在庫問題を解決してくれるクラウドサービスです。既にアパレル・スポーツ系メーカーで導入。
仕入れ最適化、売り上げ増加、在庫削減、施策最適化の4機能を提供。変動発注点、売り上げ貢献スコア、価値変動評価とAIが連動しています。
これらのデータを連携していくことで製造のリードタイムと発注残までを考慮してAIによって予測を立て、SKUごとに最適な仕入れ数量が管理できます。店舗単位での売上増減の分析を行い、在庫削減のタイミングや商品を特定することができるといった新たな視点での対策が生まれています。

フルカイテンは需要予測で不良在庫64%削減|AI・人工知能製品・サービス・ソリューション・プロダクト・ツールの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

 

5、社長!どっちも叶えましょう!『働き方改革』進んでいますか?

〇出展AI企業:NTT西日本
〇AIサービス名:働き方改革ソリューション『AIログ分析』と『RPA』

『AIログ分析』によって今まで視えていなかった働き方を視える化し、RPAで作業の一部を自動化することで解決。
仕事の偏り、定型作業の低減、業務実態の把握、社員のwebアクセス状況などはログ分析から定量的な結果を得る事ができます。つまり現状の課題をログ分析から導くことができるかもしれないということです。AIやボットを導入してRPAを推進しようとはするけど、現状の課題を把握しておかないと期待していた効果を得る事ができずに終わってしまう事になりかねません。ブースも隣同士のエヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ西日本社と協業して、課題を特定するまでがNTT西日本社で行い、対策をエヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ西日本社で行うことで、一つのソリューションパッケージを提供していました。グループ企業ならではのサービスの提供方法です。

社長!どっちも叶えましょう!『働き方改革』進んでいますか?働き方改革ソリューション『AIログ分析』と『RPA』|AI・人工知能製品・サービス・ソリューション・プロダクト・ツールの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

 

デジタルイノベーション2019関西 第一弾レポートはこちら
 
デジタルイノベーション2019関西
主催:株式会社 日経BP
会期:2019/05/30(木)~05/31(金)
会場:グランフロント大阪 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター