AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

ユーハイムとDNP、AIバウムクーヘンを実証販売。フードロスを削減


ユーハイムは、ミシャラク表参道にてバウムクーヘン専用AIオーブン「THEO」で焼いたバウムクーヘンを期間限定で販売します。DNPの需要を把握・管理できる仕組みを使い、必要なものを、必要なとき、必要な量だけつくり、より美味しい状態で商品を消費者に届けます。

このAIニュースのポイント

  • ユーハイムは、バウムクーヘン専用AIオーブン「THEO」で焼いたバウムクーヘンを期間限定で販売
  • DNPの需要を把握・管理できる仕組みを使ってフードロス削減を狙う
  • ミシャラク表参道で9月8日(水)~9月27日(月)まで販売

株式会社ユーハイムは、フードロス削減に貢献するシステムの実証実験を期間限定で大日本印刷株式会社(DNP)とともに9月8日(水)から開始します。今回の実証実験のコンセプトは、「必要なものを、必要なとき、必要な量だけつくり、より美味しい状態で商品を消費者に届ける」。DNPが提供するシステムから、来店前にバウムクーヘンの購入予約を受け、受取日時に合わせて受注数のみをユ―ハイムのバウムクーヘン専用AIオーブン「THEO(テオ)」が生産することで、余剰生産を減らし、フードロス削減に貢献します。

 


・THEOバウムクーヘン一本焼き 税込価格:8,100円
・THEOバウムクーヘンリング(オリジナル) 税込価格:1,944円
・THEOバウムクーヘン1/4カット 税込価格:432円

また、予約日時に合わせて当日に焼成・梱包を行うため、通常は提供していない「できたてバウムクーヘン」を販売。その日のうちに持ち帰り、自宅などでフレッシュなバウムクーヘンを楽しめます。

近年、売れ残りや賞味期限切れによる廃棄、需要を上回る余剰生産などが原因で、本来食べられるのに捨てられてしまう食品”フードロス”が食品メーカー、食品卸、小売業、外食産業など業界を横断した深刻な社会問題となっています。一方、食品の廃棄削減を見越して生産数を減らすことで、「欲しかったのに買えない」購入者が生まれるなど、販売機会の損失が発生する懸念もありました。

このような課題に対して、DNPとユ―ハイムは、DNPが提供する「需要を把握・管理できる仕組み」と、店舗に設置された職人と同等レベルでバウムクーヘンを焼き上げる「THEO」を連動させ、最適なタイミングで商品を提供する実証実験を開始することになりました。

 

 

THEOは、株式会社ユーハイムが開発した、AIを搭載したバウムクーヘン専用オーブンです。
職人が焼く生地の焼き具合を、各層ごとに画像センサーで解析することで、その技術をAIに機械学習させデータ化、無人で職人と同等レベルのバウムクーヘンを焼きあげることができます。ベテランの菓子職人のほか、ロボット工学の研究者、AIの専門家、デザイナーなど、様々なプロフェッショナルにご協力いただき、5年がかりで誕生しました。

 

 

店舗にて、本実証実験の対象商品となるバウムクーヘンの商品情報を、DNPが提供するシステムに登録します。購入者は、商品情報が掲出された専用Webサイト上を閲覧して、購入する商品や個数、受取日時の予約を行います。店舗では、購入者が予約した日時にあわせてTHEOがバウムクーヘンを焼き上げ、梱包を行い準備します。購入者は、予約した日時に来店し、事前に予約した「できたてバウムクーヘン」を購入して持ち帰ることができます。

従来、ユ―ハイムでは予め購入需要を予測し、工場で生産、各店舗へ商品を供給していますが、本実証実験を通じて「受注生産によるフードロス削減の効果」や「新しい販売方法の有効性」を検証していきます。
事前に予約する専用Webサイトは、店舗告知物や、商品とともにお渡しする販促物に掲出したQRコード、Web、メール案内等で告知し、新しい販売方法への誘導・認知を目指します。

購入方法は、受け取り2日前の17時までに日時・商品・個数を購入サイトに入力。2021年9月8日(水)から9月27日(月)までの12:00~18:00、ミシャラク表参道で受け取り購入ができます。(定休日:毎週火曜日)

 

出典:PR TIMES
chatbot eBook

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求