AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

NECネッツエスアイ、AI映像解析サービスに特化したプラットフォームを開発


NECネッツエスアイが、映像解析サービスに特化した「映像AIプラットフォーム」を開発。
リリース第一弾として、プラットフォームを活用した「侵入監視サービス」を提供開始しました。

 

このAIニュースのポイント

  • NECネッツエスアイが映像解析サービスに特化した「映像AIプラットフォーム」を開発
  • 映像系AIの活用において必要な機能に特化したプラットフォームを構築、既存のシステムとの連携も可能
  • AIを用いた映像利活用による安心安全なまちづくりに貢献

 

■「映像AIプラットフォーム」特長

映像解析結果や画像データの蓄積、リアルタイム処理やバッチ処理など、様々な用途に対応します。映像系AIの活用において、必要な機能に特化したプラットフォームを構築することが可能です。Slackやboxといった各種クラウドサービス、既に利用者が保有しているサービスやシステムとの連携もできるため、業務プロセスへの組み込みが簡単です。
また、従来は車番検知や顔認証など異なるAIから得られるデータをそれぞれ個別のシステムで解析する必要がありましたが、このプラットフォームを活用することで一元的なデータ処理が可能です。
 

防犯カメラの普及や映像解析を行う各種AIエンジンの登場に伴い、公共インフラや工場など様々な場面でAIを用いた映像利活用が検討されています。NECネッツエスアイは、今後も侵入監視サービスだけではなく、防災、作業員管理など様々なサービス開発を予定しています。
映像の利活用による安全安心なまちづくりへの貢献、大きな期待が寄せられそうですね。

 
出典:PR TIMES
 
chatbot eBook

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求