AIsmiley編集部が作成したAI・人工知能トレンドマガジン

AI・人工知能サービス

2019/2/18

いまさら聞けない?!RPAとExcelマクロとの違いを比較

  • RPAツール

いまさら聞けない?!RPAとエクセルのマクロってどう違うの?|AI・人工知能製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア|

ホワイトカラーの業務効率化の切り札として注目を集めるRPA(Robotic Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション)。

「Excelのマクロ機能なら使ったことがあるけど、どう違うの?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は、RPAとExcelのマクロの違いについて比較できるようまとめました。

 

■RPAでできてExcelマクロでできないことを比較

マクロとは、マイクロソフト社のOffice製品に搭載された機能で、例えばExcelでの作業内容を記録させることで、自動化できるというものです。

単純な集計作業など、マクロで自動化しているという方も多いかもしれません。

一方、RPAはマクロよりも利用用途が広く、パソコン上で人間が行う作業であればほぼ自動化できると考えてよいでしょう。

パソコン上でさまざまな業務をこなすとき、1つのソフトウェアだけで完結することはほとんどないでしょう。

例えば、Excelで集計した表をワードの報告書に貼り付け、メールやグループウェアで共有する……というように、複数のソフトウェアを経由することも珍しくありません。

RPAでは、こうした複雑な手順の作業も自動化できます。

 

■Excelマクロとは違いRPAは難しいプログラミング不要で作業を自動化できる

RPAでできてエクセルのマクロでできないこと|AI・人工知能製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

Excelマクロを利用するには2通りの方法があります。

1つはレコーディング機能を使って作業内容を記録する方法、2つ目はVBA(Visual Basic for Applications)を使ってプログラミングするという方法です。

例えば、あるセルの数値をコピーして他のシートに貼り付ける、という作業をレコーディングする場合、全ての処理をまず手動で行い、記録させなくてはなりません。

何百列もの数値があった場合、レコーディングするだけで気の遠くなるような作業です。

もし手順を間違えてしまったら、その通り記録されてしまいます。

コピペ作業を1回だけ行い、その繰り返し作業として複製したい場合は、VBAを使ってプログラムを書く必要があります。

簡単なプログラムとはいえ、プログラミング経験のない人には、ハードルが高く感じられるかもしれません。

一方、RPAは基本的にプログラミングなしで複雑な作業を記録させることが可能です。

 

■マクロとは違いRPAは高度なAIとの定型で意思決定まで自動化?!

高度なAIとの定型で意思決定までRPAが自動化?!AI・人工知能製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

もちろん、RPAそのものに表計算機能や文書作成機能はついていませんので、RPAを導入したからといってOffice製品そのものの代替ができるわけではありません。

また、RPAの強みとして昨今注目されているのが、AI・人工知能との連携です。

RPAやマクロで自動化できるのは主に、作業手順が決められた定型作業ですが、これをAIと組み合わせることで、非定型作業まで自動化できる可能性が高まるのです。

RPAは、自動化レベルごとに三段階に分かれるとされています。

現在のRPAの大半は「クラス1」というレベルで、定型業務に対応しています。

次段階の「クラス2」は、AIと連携して一部非定型業務が自動化されるようになります。

そして最終段階の「クラス3」では、より高度なAIを活用し、業務の自動化だけでなく意思決定まで担えるようになると期待されているのです。

 

■AIとの連携でRPAは普及拡大を

調査会社のガートナージャパンが2017年5月に実施した調査 によると、RPAを「既に導入済み」と回答した企業の割合は全体の14.1%にすぎません。

同社のアナリストも、現状のRPA製品について、「AIや機械学習テクノロジを実装している製品は極めて少なく、本格的な実装と利用はこれから」だと指摘しています。

一方で、市場調査会社のITRのように、 国内のRPA市場は今後急速に参入が進み、2022年度の市場規模は400億円、年平均成長率(CAGR 、2017~2022年度)は62.8%という予測もあります。

RPAの利用範囲の拡大と普及は今後、AIとの連携にかかっているといえるでしょう。

その点が、RPAとExcelマクロの最大の違いといえるのではないでしょうか。

 

各RPAツールのお問い合わせや資料はこちらからお求めください。

RPA一覧はこちら|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディアAIsmiley

 

資料請求された方全員にAIsmileyが作成したRPAツール各サービスの比較資料を無料でプレゼント|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

 

◆無料のRPAツール比較資料入手方法

1、RPA製品比較ナビのページから興味のある製品を選択し、資料請求ボタンをクリックするか、すべてを選択して資料請求するをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力して送信してください。

3、入力されたメールアドレス宛にお問合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmiley担当者より「RPAツール各サービス比較資料」を送らせていただきます。

RPAツールを無料で比較検討されたい方はぜひ資料請求・お問い合わせください。