AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

バカン、京丹後市内にAI混雑情報配信サービス「VACAN Maps」を導入

  • AIサービス
  • IoT

VACAN Maps

バカンは、京丹後市と共同でマップ型混雑情報配信サービス「VACAN Maps」を用いて、市内の海水浴場に隣接する駐車場21箇所のリアルタイム混雑状況を可視化する取り組みの開始を発表しました。

 

このAIニュースのポイント

  • 「VACAN Maps」は、地図上で近くの施設等の空き・混雑状況を確認できる、マップ型混雑情報配信サービス
  • 海水浴場周辺の駐車場におけるリアルタイムの混雑状況をオンライン上から確認できる
  • 混雑を避けた行動が可能

 

VACAN Maps

同市には、シーズンを通して5万人以上の来訪がある琴引浜掛津海水浴場や小天橋・葛野浜海水浴場をはじめとした多くの海水浴場があり、コロナ前の2019年にはシーズンを通して18万人以上の海水浴客が同地域の海水浴場を訪れています。

しかし新型コロナウイルスの感染が拡大した昨年は、密回避のため入場制限を行なった結果入場を待つ車両によって近隣で渋滞が発生したり、路上駐車が発生していました。

そこで、地図上で近くの施設等の空き・混雑状況を確認できる、マップ型混雑情報配信サービス「VACAN Maps」の導入をすることにしました。海水浴場周辺の駐車場におけるリアルタイムの混雑状況をオンライン上から確認できるようになります。

利用者はこのVACAN MapsにPCやスマートフォン等でアクセスすることで、駐車場の位置や混み具合を確認することができます。また京丹後市観光公社の公式ページ「京丹後ナビ」でも確認可能です。

混み具合の情報は、駐車場の担当者がボタン型の専用機器などを操作することで更新します。表示は、「空いています」「やや混雑」「混雑」の3段階です。

来客者は混雑状況を確認できることで混雑を避けた行動が可能となります。また可視化をすることで車両の分散が促進され、周辺地域の交通渋滞の回避などの効果も期待できます。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求