AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

自分の声を15分でAI音声化。「CoeFont CLOUD」先行リリース

  • 業種・業態

日本語テキストを無料で音声化する「CoeFont Studio」を提供するYellstonは500円・15分の収録で、自然な発声ができるCoeFont(AI音声合成)を作成する「CoeFont CLOUD」を先行リリースします。

このAIニュースのポイント

  • 500円・15分の収録で、自然な発声ができるCoeFont(AI音声合成)を作成する「CoeFont CLOUD」を先行リリース
  • 独自のAI技術での”文脈に応じた” アクセントの予測、ディープラーニングにより自然な音声合成を可能に
  • 声帯切除予定の癌患者の方が手術前にCoeFontを作成し、切除後もCoeFontで会話するなど様々な用途で活用できる

株式会社Yellstonは、リリース3日で5万、月間ユーザー20万人を達成している「CoeFont STUDIO」に続いて、AI音声合成プラットフォーム、「CoeFont CLOUD」の先行リリースを開始します。

CoeFontとは、「声」を、手軽かつ表現力豊かな、「フォント」のようにする、というコンセプトの音声合成です。「CoeFont STUDIO」は「すべてのクリエイターに声を届ける」をコンセプトとした無料で利用できるWeb音声合成サービスです。サービスリリースから3日で5万ユーザーを達成し、SNSで話題となりました。CoeFont STUDIOでは、イラストレーター・凪白みとがキャラクターデザインを手掛けたAI音声合成「アリアル」「ミリアル」がユーザーの入力した言葉を話します。

 

 

今回リリースされる「CoeFont CLOUD」はAI音声合成プラットフォームです。従来では、声を再現する音声合成を作成するのに50万円・10時間以上の収録を必要としていましたが、「CoeFont CLOUD」では、500円・15分の収録で、自然な発声のできる、CoeFont(AI音声合成)を作成できます。独自のAI技術での”文脈に応じた” アクセントの予測、ディープラーニングにより自然な音声合成を可能にしました。

 

 

収録はパソコンのブラウザから簡単に行うことができます。作成したCoeFontは公開範囲を設定できます。公開範囲は自分だけが使えるようにする非公開、一般のCoeFont CLOUDのユーザーが使える公開、そして利用には申請を要求するなどから選択できます。

作成したCoeFontは、CoeFont CLOUD上で公開することができます。他のユーザーのCoeFontを利用して、音声合成も可能です。作成したCoeFontが利用されるたびに、CoeFontの作成者に収益として還元されます。

 

 

気象予報士の森田正光さんを始めとし、プロフィギュアスケーターの鈴木明子さんなど多数著名人のCoeFontを作成。「CoeFontを探す」からアナウンサー、スポーツ選手、イケボなどさまざまな声を探すことができます。

アナウンサーや声優によるCoeFontの作成だけでなく、声帯切除予定の癌患者の方が手術前にCoeFontを作成し、切除後もCoeFontで会話するなどの利用も既にされています。作成したCoeFontを他のユーザーに公開が可能です。自分のCoeFontが使われることで収益を得ることができます。また、卑猥な用語、放送禁止用語は生成できなくなっています。

一般公開前にCoeFont CLOUDを利用でき、CoeFontを1つ無料で作成できます。詳細は出典リンクをご確認ください。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求