AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

最終更新日:2020/3/6

IBM Watson(ワトソン)を搭載したAIサービスの比較資料を無料でプレゼント


■「結局AIで何が出来るの?」答えはWatson(ワトソン)に聞け

皆さんは、IBMの開発したWatsonをご存知でしょうか。

IBMと言えば、米国にある世界でも最大級のハード・ソフトウェアメーカーですが、近年、AI・人工知能開発のリーディングカンパニーとなっています。IBM Watsonは、ビジネスシステムにAIを活用し、銀行や医療などの専門性の高い課題にも対応、細かな証拠から最も可能性が高い解答候補を導きだすことができます。従来の人の目やノウハウだけに頼る仕事の業務効率化、コスト削減には限界があります。企業の生産性を向上させるうえで、Watsonが広く活用されているのです。

 

Watsonを使えば、迅速で簡単かつ、お客さまの要望に合わせたチャットボットの開発が可能です。その一方で、Watsonを含むAIを搭載した多くのサービスが既に提供されており、お客さま目線で考えてみると、多々ある製品の中で自社に合った製品を探し出すのは難しいとも言えます。弊社で作成した比較資料では、Watsonを搭載したAI製品の導入をスムーズに進められるよう各社製品の特徴と料金についてまとめています。

 

■Watson(ワトソン)は「人間の意思決定を支援するため」に生まれました

Watsonは記憶させた知識を基に人間をサポートすることを目的としています。特徴は、

①ネット上にあるテキストやPDFファイルを参照し、自分で学習して進化していくこと。

②専門性が高い医療や金融、人材といった高度な分野において信頼性があること。

AIによる業務支援という観点から、多様な製品の中で自社に合う製品を機能・価格・導入時期などを充分に比較・検討することが重要です。

 

■Watson×チャットボットであなたの代わりに従業員と会話し支援

Watsonを搭載したチャットボットは従業員からの問いかけにたいして自然な会話をすることが可能です。中でも「Watson Assistant」を使ったチャットボットを開発するケースはとても多いと言えます。代表的な機能として、質問に一問一答するものがあります。さらに大量の文書データから検索する場合には、「Watson Discovery」と連携して、関連度の高い回答を複数表示させ、従業員やクライアントからの問題解決に導くことができます。

 

■IoT×Watsonの未来、生産現場の異常をWatsonが検知

IoT×Watsonの未来、生産現場の異常をWatsonが検知

IoTセンサーと組み合わせ食品・医療・金属などの生産現場の製造装置、製品をAIが監視・検品するサービスも大きな話題を呼んでいます。代表的なものとして、異常が発生する予兆をWatsonが検知し、担当者にアラートを出すといったシステムがあります。

製造現場で浸透しつつあるIoT×Watsonによるソリューションですが、実はどの事例も「結局AIで何が出来るのか、どう活用すればいいのか分からない」という問い合わせからスタートしています。IoTセンサーと組み合わせたAIソリューションは、完成度を高め過ぎるばかりに、PoC(概念検証)の実施が長くなってしまうことが課題です。

実際に利用することで運用のイメージを深めることが重要です。全体のシステムに大きな影響を与えるIoT×Watsonの導入は、その予算も規模にともなって大きくなります。どういった業務上の課題にAIを取り入れれば効果的か、という視点から自社に合う製品を機能・価格・導入時期などを充分に比較・検討することが重要です。

 

■AIスピーカー×Watson の組み合わせに大きな期待

AIスピーカー×Watson の組み合わせに大きな期待

今人気のAIスピーカー「Google Home」とWatsonを組み合わせたソリューションも着実に増えてきています。ユーザーがGoogle Homeに口頭で問い合わせると、Watsonが問いかけに応じた動作を判断し実行する仕組みです。東京オリンピックの開催に向けてインバウンド増加が予測される中、ホテルや観光業界では外国人観光客の対応が急務となっています。Watsonの活用は、特に自然言語処理において親和性が高く、音声認識によるAIスピーカーの活用は容易です。多言語に特化した自然言語処理を応用することで外国人のお客様に対して、従業員の代わりにAIスピーカーを通してWatsonが自動で応答してくれます。

そこで、Watson(ワトソン)搭載製品の導入を検討されている方に、弊社が厳選したAI搭載製品の比較資料を提供しています。
ぜひ、貴社の導入・検討にお役立てください。

 

■IBM Watsonを搭載したサービスの比較資料入手方法

1、下記の「Watson製品を資料請求する」ボタンより、IBM Watsonのサービス比較と企業一覧ページに飛んでいただき、「すべてを選択して資料請求する」もしくは興味のある製品を選択し、資料請求ボタンをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力して送信してください。

3、入力されたメールアドレス宛にお問合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmiley担当者より「IBM Watsonを搭載したサービスの比較資料」を送らせていただきます。Watson搭載製品を無料で比較検討されたい方はぜひ資料請求・お問い合わせください。

 

Watson(ワトソン)搭載製品の資料請求・お問い合わせはこちら

 

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求