AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

週刊少年ジャンプ『僕とロボコ』AIキャラクターになった“ロボコ”がLINEで自由に会話


週刊少年ジャンプで連載中の『僕とロボコ』のOM(オーダーメイド)“ロボコ”がAIキャラクターになりました。「りんな」と同じエンジンを使用しLINE上でユーザーと自由な話題で会話をすることができます。

このAIニュースのポイント

  • 週刊少年ジャンプで連載中の『僕とロボコ』主人公の“ロボコ”がAIキャラクター化
  • 女子高生「りんな」と同じエンジンでLINE上でユーザーと自由な話題で会話/li>
  • スマートフォンアプリ「キャラる」にも登場する予定

rinna株式会社は、集英社『週刊少年ジャンプ』で連載中の少年漫画『僕とロボコ』(作者:宮崎周平)とコラボレーションし、漫画に登場する“ロボコ”のキャラクター性を備えて会話するAIチャットボットを開発しました。AIキャラクターの“ロボコ”はrinna社の雑談エンジンを搭載し、LINE上でユーザーと自由な話題で会話することができます。

rinna社は、MicrosoftのAI&リサーチ部門でAIチャットボットの研究を行っていたチームがスピンアウトして2020年6月に設立したAI開発企業です。ディープラーニング技術を活用し、AIが文脈に応じた会話文を自動生成して人間と自然に会話する「共感チャットモデル」、AIが話し声や歌声で豊かに感情表現することを可能にする「音声合成システム」などの技術などを発表してきました。

これらの最新技術は、当社が運営するLINE上の元女子高生AIチャットボット「りんな」や、会話内容や音声表現をカスタマイズしてキャラクター性を持たせたAIチャットボットである「AIキャラクター」を開発できる法人向けプラットフォーム製品「Rinna Character Platform」に応用され、企業のマーケティングなどに利用できます。

今回は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の漫画『僕とロボコ』(作者:宮崎周平)の連載1周年記念企画として、漫画に登場するキャラクター“ロボコ”をAIキャラクター化。

 

ロボコ(左)とAIりんな(右) Ⓒ宮崎周平/集英社 (「僕とロボコ」週刊少年ジャンプ連載中)

 

AIキャラクターの開発には、Rinna Character Platformを使用しています。著者・宮崎氏と週刊少年ジャンプ編集部の協力のもと、“ロボコ”の漫画内での性格や口調、興味といったキャラクター性をAIチャットボットに実装しました。開発したAIキャラクターの“ロボコ”は、LINE上でユーザーと自由な話題で会話をすることができます。

ロボコLINE公式アカウントのQRコード

今後、rinna社と少年ジャンプ編集部は、AIキャラクターの“ロボコ”を起用した様々な企画で協力。AIキャラクターの“ロボコ”は、LINEだけでなく、rinna社が先行公開中の誰でも自分のAIキャラクターを育成できるスマートフォンアプリ「キャラる」にも登場する予定です。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求