AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

最終更新日:2019/11/8

【無料資料】自然言語処理とは?一番身近なAI・人工知能サービス活用事例


皆さんは「自然言語処理」という言葉をご存知でしょうか。コンピューターの言語と言えば、「プログラミング言語」が有名です。自然言語処理とは、私たちの日常的に使っている言葉をコンピューターに処理させる技術のことを言います。自然言語処理の工程は、4つの解析技術からなります。

形態素解析 構文解析 意味解析 文脈解析

 

形態素解析、構文解析はコンピューターの得意分野ですが、意味解析や文脈解析は曖昧な表現や文化による違いなどルール化が難しく、自動翻訳を使ったことがある人はその文章の不自然さに気がつくと思います。有名なGoogleやYahooの検索エンジンによる検索、自動翻訳サイトや、AppleのSiriやGoogleEchoの音声認識などに自然言語処理の技術は使われています。

自然言語処理AI・人工知能

 

この課題を解決するためにAI・人工知能が活用されています。大量のデータを高速にコンピューターに学習できる「機械学習」の技術が進歩したことで、より人間に近いような精度に向上しました。

AIと自然言語のニュースと言えば、FacebookのAI・人工知能研究組織である「Facebook AI Research」が行った2人のAIエージェントの会話実験が記憶に新しいです。値付け交渉をする2人のAIが人間が理解できない言語で会話をしはじめ、実験が強制終了されたという内容で、世界中のメディアが大きく取り上げました。

将来、企業のAI同士で商談をし、仕事をしてくれるようにもなるかもしれません。

 

AI・人工知能エージェント同士が仕事をする未来

 

自然言語処理技術の集大成AIチャットボット

話題のチャットボットサービスも自然言語処理技術を搭載する代表的なサービスの1つです。

 

【チャットボットの資料請求・お問い合わせはこちら】

 

お客様からのよくある質問をAIチャットボットが対応する

AI塔載チャットボットは、問い合わせ相手の聞きたいことに対して、決められた回答をできるため、カスタマーサポートなどでの普及が見込まれています。AIが問い合わせの文章を解析し、最適な答えを導きだします。AIによる自然なコミュニケーションは、ベテランスタッフのノウハウを学習し、顧客との関係性を向上することも期待できます。

使うほど賢くなるAI・人工知能、複雑な質問にはスムーズな有人切替で対応

AIでは対応できないような複雑な質問には、オペレーターによる有人チャットで継続対応を可能にする機能も重要です。会話の中で得られたナレッジを蓄積していくことで、運用開始後の回答精度の維持と向上につながります。

 

自然言語処理のAI製品を導入する前に

特に自然言語処理を伴うサービスは、コスト面に注意が必要です。自然言語処理、音声情報処理のデータ作成代行や収集は会社の規模や案件、環境によって大きく変わります。お見積りの際には慎重に検討を重ねてください。話題のAI・人工知能を搭載したチャットボット、翻訳ツール、音声解析サービスというだけでは、自社に適した製品・サービスであるとはいえません。それぞれの業務に精通し、具体的な課題やFAQ作成にノウハウのあり、サポート体制が充実した開発会社を選ぶ必要があります。

そこで、自然言語処理AI製品の導入を検討されている方に、弊社が厳選したAI搭載製品の比較資料を提供しています。
ぜひ、貴社の導入・検討にお役立てください。

【無料】自然言語処理AI製品比較資料の入手方法

1、「自然言語処理」製品比較ナビのページから興味のある製品を選択し、資料請求ボタンをクリックするか、すべてを選択して資料請求するをクリックします。
2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力して送信してください。
3、入力されたメールアドレス宛にお問合わせ受付確認メールが自動送信されます。
4、AIsmiley担当者より「自然言語処理AI製品比較資料」を送らせていただきます。
自然言語処理AI製品を無料で比較検討されたい方はぜひ資料請求・お問い合わせください。

 

【自然言語処理の資料請求・お問い合わせはこちら】

 

この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求