AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

世界初、Twitter広告運用AI登場!優秀な運用者のデータに基づき自動化


デジタル広告運用代行事業などを手がけるキュービックは世界初のTwitter広告運用AI「ROBOTICA AI」の開発に成功し、正式提供を開始しました。国内屈指のTwitter広告運用者の膨大なデータに基づき、業務を完全代行。経験が浅い運用者でも圧倒的な高パフォーマンスを実現します。

このAIニュースのポイント

  • ュービックは世界初のTwitter広告運用AI「ROBOTICA AI」の開発に成功し、正式提供を開始
  • 国内屈指のTwitter広告運用者の膨大なデータに基づき、業務を完全代行
  • 出稿開始に必要な工数が1/10以下になるのと同時に、手動運用以上の高いパフォーマンスを実現する

株式会社キュービックは、代理店事業で得た広告運用の膨大なデータを元に、世界初のTwitter広告特化型AIによる自動運用サービス「ROBOTICA AI」の開発に成功し、正式提供を開始しました。サービス導入で、出稿開始に必要な工数が1/10以下になるのと同時に、手動運用以上の高いパフォーマンスを実現することが可能です。

Twitter広告は、他の主要媒体に比べて、出稿の設定が煩雑かつパフォーマンスを出すのがかなり難しいため、出稿を断念する企業が多く存在します。Twitter広告にて高いパフォーマンスを出すためには、入札単価の微調整・予算配分・クリエイティブの精査といった作業を、自身の運用経験に基づき手動で行う必要があります。

そのため、一部の経験豊富で優秀な運用者しか高いパフォーマンスを出すことができません。また、優秀な運用者を採用し継続的に自社雇用するのは、人件費や採用の観点でかなり難しいとされています。

多くのクライアントに寄り添い、マーケティング支援を行ってきたキュービックは、高いパフォーマンスを出している運用者の膨大なデータを元に、世界初のTwitter広告運用に特化したAI「ROBOTICA AI」を開発。ROBOTICA AIを活用することで、優秀な運用者しか出せなかったパフォーマンスをより簡単に実現することが可能になります。また、属人的な運用からデータに基づくAIによる運用に移行することで運用者の工数が大幅に削減され、本来行うべきクリエイティブな業務に集中することができます。

 

 

ROBOTICA AIは、キャンペーン・広告グループ・ツイートの作成からターゲティングなどの詳細設定まで、最短わずか3分で設定完了します。洗練されたUI/UXで、Twitter広告出稿開始に必要な設定にかかる工数が1/10以下まで削減できます。

国内屈指のTwitter広告運用者の膨大なデータに基づいて開発されたAIが業務を完全代行するため、経験が浅い運用者でも圧倒的な高パフォーマンスを実現します。さらに、キュービックのカスタマーサクセスが導入から運用、高いパフォーマンスの実現まで一気通貫でサポート。

某ゲーム開発企業では、ROBOTICA AI導入後、1インストールあたりの広告コスト (CPI) が43%削減されました。また、某広告代理店は導入後に、かけた広告費に対して得られた売上の割合 (ROAS) が34%増加。某マッチングアプリ運営企業では導入後、配信ボリューム200%増やすなど、ROBOTICA AIを活用した企業で効果が実証されています。

キュービックは、Twitter広告の運用に特化したAIによる世界初の自動運用サービスとして、2022年中に全世界での200社導入を目指します。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求