AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

創薬支援AI「Cascade Eye」日本での特許査定をFRONTEOが取得


論文情報や医療情報を解析し、分析対象としたい疾病に関連する分子や遺伝子をパスウェイマップ(関連性を表す経路図)状に表示する創薬支援AIシステム「Cascade Eye」の日本での特許査定をFRONTEOが取得しました。

このAIニュースのポイント

  • 創薬支援AIシステム「Cascade Eye」の日本での特許査定をFRONTEOが取得
  • FRONTEOの自然言語解析AIエンジンを用いて論文情報や医療情報を解析し、分析対象としたい疾病に関連する分子や遺伝子をパスウェイマップ状に表示する
  • 研究者のバイアスに左右されない新たな創薬ターゲットを提案でき、人では読み込むことが不可能な膨大な情報の網羅的な探索も可能

株式会社FRONTEOは、創薬支援AI「Cascade Eye」に関する特許査定通知を、日本特許庁より受領しました。

「Cascade Eye」は、FRONTEOの自然言語解析AIエンジン「Concept Encoder」を用いて論文情報や医療情報を解析し、分析対象としたい疾病に関連する分子や遺伝子をパスウェイマップ(関連性を表す経路図)状に表示するAIシステムです。

 

 

分子間・遺伝子間の関係性を可視化し、創薬研究におけるターゲット探索プロセスを大幅に効率化させるとともに、既存薬の別の疾患への新たな転用の可能性や、発見されていなかったバイオマーカーの同定など、従来の手法のみでは難しかった創薬アプローチを可能にします。

研究者のバイアスに左右されない新たな創薬ターゲットを提案できる点や、人では読み込むことが不可能な膨大な情報の網羅的な探索が可能である点などが評価され、2020年の提供開始以来、複数の製薬企業や大学などに導入されています。

FRONTEOは、医療データの活用手法の確立や活用範囲の拡大など、ライフサイエンス領域におけるデータ活用を進化させるとともに、人の創造性やバイアスを超え、実臨床において有用なAIの研究開発に取り組んでいきます。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求