AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIが入力内容チェックを自動化し業務効率化を支援!『MJS AI 監査支援』他社システムとの連携が可能に


株式会社ミロク情報サービスが、AIを活用した仕訳・残高チェックシステム『MJS AI 監査支援』にて6月27日よりクラウドサービスを開始。
あらゆる財務・会計システムとの連携が可能になり、さらに利便性が向上しました。

 

このAIニュースのポイント

  • ミロク情報サービスの『MJS AI 監査支援』、他社の財務・会計システムとの連携が可能に
  • 他社が出力した仕訳と残高のCSVファイルをクラウド環境にアップロードしAIが修正提案
  • 経理知識のばらつきや担当変更時の引継ぎ漏れのリスクを軽減、正確性が向上

 

『MJS AI監査支援』とは日次、月次、年次の財務会計処理の業務において、担当者が入力または自動作成した仕訳の処理ミスや処理漏れなどを自動でチェックするシステムです。
MJSの各種ERPシステムとの連携をはじめ、会計事務所が顧問先の会計データを監査する際や、企業が自社の仕訳データや試算表をチェックする際に活用されています。

今回、新たに他社の財務・会計システムとの連携が開始されました。他社の財務・会計システムより出力した仕訳と残高のCSVファイルを、クラウド環境にある『MJS AI監査支援』にアップロードすることで、より幅広い層のユーザーが利用できるようになります。
 

 
 

『MJS AI監査支援』によるチェック結果は、確認が必要と思われる科目や金額が一目で分かるようレポートとして表示します。
チェックルールは、①税法などを踏まえたうえで、誤りが発生しやすいポイントを考慮しあらかじめ設定された「システム標準ルール」、②ユーザーが設定する「オリジナルルール」の2つを任意に組み合わせてチェックすることが可能です。
さらにAI機能により、学習データとチェック対象の仕訳データを比較し、確認が必要と思われる仕訳に対して修正提案を行います。また、事前に担当者情報を登録することで、複数人で『MJS AI監査支援』にログインすることが可能です。複数会社がある場合、会社別に担当者を設定することもできます。
 
これにより、仕訳の科目や金額に誤りや異常値がないか、会計基準・税法に沿った正しい処理がされているか等チェックするのにかかっていた時間の短縮や業務の効率化、さらには月次・年次決算の早期化にもつながり、働き方改革の推進や人手不足といった課題解決を支援します。
また、決められたチェックポイントおよびチェックルールに基づき監査が行われるため、チェックレベルが標準化され、経理知識のばらつきや担当者変更時における引き継ぎ漏れなどのリスクが軽減されるとともに、正確性が向上します。
 

 
 

他社の財務・会計システムとの連携開始は、2021年6月27日からです。サブスクリプションプランは、月額8,500円となっています。
月次や年次の財務会計処理業務は、多忙な上に正確性が求められます。AIによるサポートは、今後ますます重宝されそうですね。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求