AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

クオールホールディングス、AI需要予測を用いた発注最適化ソリューションの試験運用を開始


クオールホールディングスは、Liaroが提供するAI需要予測を用いた発注最適化のソリューションの本格導入に向け、試験運用を開始したことを発表しました。

 

このAIニュースのポイント

  • クオールホールディングスは、AI需要予測を用いた発注最適化ソリューションの試験運用を開始
  • 高い精度で発注・在庫管理が可能
  • 週5回以上処方される医薬品は廃棄を9割以上削減

 

クオール薬局は、地域の様々な処方箋に対応し、患者さまにお薬を確実にお渡しするため、平均で約1,500品目以上の非常に多くの医薬品を常時備蓄しています。現状、従業員がマニュアルに基づき医薬品を発注しており、処方箋の内容によって在庫不足や過剰在庫になる場合があります。そのため、欠品や有効期限切れの医薬品の廃棄が課題となっています。

これらの課題解決のため、クオールはLiaroのAI需要予測を用いて実証実験を行いました。その結果、全品目において高い精度で発注・在庫が適正に行われました。特に週5回以上処方される医薬品は、欠品が大幅に改善され、廃棄が9割以上削減しました。さらに、欠品時の店舗間の医薬品配送が不要となることや、発注業務の負荷軽減が期待できます。この結果を受け、クオールは本格導入に向けた試験運用を開始します。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求