AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

RevCommの音声解析AI電話「MiiTel」登録ユーザー数が累計2万人を突破


株式会社RevCommが提供する音声解析AI電話「MiiTel」の登録ユーザー数が累計2万人を突破しました。
コロナ禍における事業の継続と、商談や電話営業のブラックボックス化問題等の課題解決に貢献するサービスとして注目を集めています。

 

このAIニュースのポイント

  • RevCommの音声解析AI電話「MiiTel」の登録ユーザー数が累計2万人を突破
  • 電話での会話内容を解析しフィードバックすることで商談獲得率・成約率を向上
  • 音声データを蓄積し、自社の教育研修やサービス開発・改善など幅広い活用が可能

 

■MiiTelの概要

「MiiTel」は、電話営業やコンタクトセンター業務における会話の内容を解析し、高精度のフィードバックを行うことで商談獲得率・成約率を向上させる、日本発の音声解析AI電話サービスです。
顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているか分からない、というブラックボックス化問題を解消するほか、アナログな議事録作成も自動文字起こし機能で軽減します。
 
商談内容を振り返りやすいシンプルな設計なので、自ら振り返り商談の質を高めたり、開発や他部門に顧客要望をニュアンスまで正確に伝えたりすることが可能です。これにより、営業担当者が「人にしかできないクリエイティブな仕事」に専念する時間を作ることができます。

また、蓄積された顧客とのリアルな音声データは、自社の教育研修、サービス開発、機能改善などに幅広く活用することができ、企業の事業成長への貢献が期待できます。
 

 
 

多くの企業がインサイドセールスやカスタマーサクセスなどに活用しており、その利便性を実感しています。
コロナ禍においても安全な事業継続をするためにも、是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求