AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

SCM改革!AIを活用したサプライチェーン最適化カオスマップ!小売・物流・製造業必見!


AIポータルメディア「AIsmiley」は、SCM改善におすすめのAIツールをまとめた「AIを活用したサプライチェーン最適化カオスマップ」を公開します。掲載数は合計178サービス。

■AIを活用したサプライチェーン最適化カオスマップを公開

※2021年6月15日作成

 

■社会変化やAIの発展でSCMの動きが加速

SCM (Supply Chain Management) とは、原材料の調達から工場での製造、物流、店舗、など各拠点を経てエンドユーザー (消費者) の元に届くまでの一連の流れ、サプライチェーン全体を捉えて情報を共有、連携し、最適化を図る経営手法です。

SCMは、アメリカのコンサルティング会社Booz Allen Hamilton lnc.のK.R.オリバー氏とM.D.ウェバー氏が提唱し、2000年頃に一度ブームになりました。現在、グローバル化が進み、労働人口の変化が起きています。AI・人工知能などのテクノロジーも急速に発展し、SCMは再注目されています。

需要を把握して、欠品することなく商品を消費者に届けることは、メーカーや店舗などが売上を最大化するためには欠かせません。在庫を最小限にしながら生産から販売までのリードタイムを短縮した企業の成功事例は年々増えています。

 

■AI・人工知能でサプライチェーンを最適化

AI・人工知能の発展はSCMの動きを加速させました。AIは需要や売上の予測をはじめ、さまざまなシーンで活用できます。工場や倉庫では良品と不良品の検知、店舗ではAIカメラを設置して来客者を分析。最適な商品陳列や適切な人材配置をAIが提案します。

今後の人口減少社会においては、これまでの経験者の肌感や勘に頼っていたやり方から脱却し、「いかにデータを活用し正確な予測を立てながら、ビジネスにしていくか」というスキルが、企業個人、どちらにとっても求められていくでしょう。

AI製品・サービスにはツールによって機能や実現できる内容に違いがありますので、自社の課題は何か、どんな結果を実現したいのかという観点から、それぞれのツールの違いを充分に比較検討することが重要です。

今回のカオスマップは、小売や製造、物流業向けに、AIsmileyが独自の主観で、178の製品サービスを取りまとめ、マッピングしたものです。まずは資料を請求いただき、自社に合ったAI選びの参考にしていただければ幸いです。

 

AIカオスマップExcel一覧比較資料

AIベンダー一覧(Excel)

 

■AIを活用したサプライチェーン最適化カオスマップの入手方法

「大サイズのAIを活用したサプライチェーン最適化カオスマップ」と「AIベンダー一覧(Excel)」をお求めの企業担当者様は、下記の手順に沿って資料請求下さい。

 

1、下記「サプライチェーンカオスマップを資料請求」をクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力し、お問い合わせ内容欄には「サプライチェーンカオスマップ」と記載の上、送信下さい。

3、入力されたメールアドレス宛にお問い合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmileyの担当より「大サイズのAIを活用したサプライチェーン最適化カオスマップ」と「AIベンダー一覧(Excel)」をメールにて送付させていただきます。

 

サプライチェーンカオスマップを資料請求

 

※本資料はAIの利用を検討している企業に対して配布しております。同業他社・競合他社への提供はしておりませんので、あしからずご了承ください。
※このカオスマップはAIを提供している企業のプレスリリースや製品サイト、導入実績などの公開情報を基にAIsmiley編集部が独自の主点で取りまとめたもので、網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求