AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

NTTデータと富士フイルムBI、AI-OCRと連携できるRPAツール「DocuWorks自動化パッケージ(WinActor)」を開発

  • 業種・業態
  • 編集部記事

富士フイルムBIが提供する「DocuWorks」に、NTTデータが提供するRPAツール「WinActor」を組み合わせ、帳票管理業務など5つの定型業務を自動化するロボットと、セットアップ支援も併せて提供する「DocuWorks自動化パッケージ(WinActor)」が誕生しました。

このAIニュースのポイント

  • WinActorを富士BIが提供する「Docuworks」および「Working Folder」とパッケージ化した「DocuWorks自動化パッケージ(WinActor)」を開発
  • AI-OCR「DX Suite」やクラウド型データベースアプリ「kintone」など各種システムと連携できる
  • 「スマート自治体プラットフォームNaNaTsu」に代表されるDXプラットフォーム上でも展開予定

株式会社NTTデータは、富士フイルムビジネスイノベーション (BI) 株式会社と共同開発した「DocuWorks自動化パッケージ(WinActor)」を、富士フイルムBIを通じて提供開始しました。

「DocuWorks自動化パッケージ(WinActor)」は、WinActorを富士BIが提供する「Docuworks」および「Working Folder」とパッケージ化したものです。また、RPAでの自動化に適する帳票管理業務などの5つの定型業務において、AI-OCR「DX Suite」やクラウド型データベースアプリ「kintone」など各種システムと連携可能なWinActorシナリオと、セットアップ支援が富士フイルムBIより提供されます。

 

 

NTTデータは、特定業務/システムとWinActorの組み合わせにより、多くの業務が低価格かつ短期間で自動化可能となるソリューションの企画・展開を今後もパートナーと共に推進していきます。
また、このような取り組みの成果を、「スマート自治体プラットフォームNaNaTsu」に代表されるDXプラットフォーム上で展開していくことにより、ロボットと人が協働する未来(COBOTPIA)の実現を目指します。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求