AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

大阪ガス、AIカメラを搭載した路線バスを活用してガス管パトロールを実施


AIカメラを搭載した路線バスによるパトロール

大阪ガスは、ガス事業者としては初めてAIカメラ搭載の路線バスによるガス管パトロール業務の試験運用を開始したことを発表しました。

 

このAIニュースのポイント

  • 大阪シティバスと連携し、AIカメラを搭載した路線バスによるパトロールを実施
  • 同一路線を一日に複数回走行する路線バスを活用し巡回頻度を高めることで、ガス管の破損リスクを低減
  • パトロール業務の生産性が向上

 

 AIカメラ搭載の路線バス でガス管パトロール

 

大阪ガスは、中圧ガス管が埋設されている道路において他事業者が事前連絡なく道路を掘削しているケースに備え、迅速に対応しガス管の破損リスクを低減するために、日々点検を行なっています。

6月1日より開始した今回の試験運用では、大阪シティバスと連携し、AIカメラを搭載した路線バスによるパトロールを実施しました。

 

■巡回頻度を高め、ガス管の破損リスクを低減

同一路線を一日に複数回走行する路線バスを活用することで「巡回時間外の工事を見つけられない」という課題を解決します。巡回頻度を高めることで、ガス管の破損リスクの低減が期待できます。

 

 AIカメラ搭載の路線バス でガス管パトロール

 

 AIカメラ搭載の路線バス でガス管パトロール

 

 

■オープンイノベーションを活用し、AIカメラを開発

大阪ガスは2009年からオープンイノベーションを推進。社内ニーズを積極的に外部の技術と結び付けをしています。今回、自動的に工事を発見するAIカメラをスタートアップ企業と共同で開発し、路線バスに搭載したことで、従来のパトロール業務の生産性を向上させました。

 

■2021年秋以降~本格的に運用開始予定

運用拡大も視野に今後は2021年6月からの試験運用の結果を受けて、本年の秋以降、本格運用を開始予定。また、大阪ガスは供給エリア内での運用拡大を目指し、他の路線バス運営会社との交渉も予定しています。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求