AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

現場向けチャット「direct」「AI-FAQボット」を提供するL is Bが12億3,000万円の資金調達を実施

  • 業種・業態

株式会社L is B

L is Bは、大和企業投資、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタルなどを引受先とした第三者割当増資および日本政策金融公庫などからの融資により、L is Bは総額12億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

 

このAIニュースのポイント

  • 新機能開発やサービス拡充、営業・マーケティング強化を目的に資金調達を実施
  • 「direct」は、現場業務におけるコミュニケーションのデジタル化を支援するビジネスチャット
  • 現場で撮った写真や図面ファイルを使った情報共有、緊急時の連絡手段として利用が可能

 

株式会社L is B

 

L is Bが資金調達する目的は、お客さまのご要望にお応えするための新機能開発やサービス拡充、および営業・マーケティング強化をするためです。日本国内での開発にこだわり、より多くのお客さまの課題解決と安心感を実現するために、資金調達に合わせて開発、営業、マーケティングなどすべての職種で採用を強化しています。

現場業務におけるコミュニケーションのデジタル化を支援するビジネスチャット「direct」や、独自AIエンジンを搭載したFAQソリューション「AI-FAQボット」など、業務における生産性向上を目的としたDX化支援ソリューションを、L is Bは提供しています。

「direct」は、文字のやりとりだけでなく、現場で撮った写真や図面ファイルを使った情報共有、緊急時の連絡手段として、幅広い業種の方々が活用しています。

この機会に「direct」をお試しされてはいかがでしょうか。

 

 

L is B社が提供する「direct」の詳細はこちら

 

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求