AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

NTTドコモ、電話応対業務を自動化する「AI電話サービス」に自治体向けパッケージを追加


株式会社NTTドコモが提供する、AIを活用して電話応対業務を自動化するソリューション「AI電話サービス」。
自治体向けパッケージが新たに追加され、2021年6月1日(火)から提供を開始いたします。

 

このAIニュースのポイント

  • NTTドコモの「AI電話サービス」に自治体向けパッケージが追加
  • ワクチン接種対応の「予約受付」と「健康観察・高齢者の見守り」に対応した2種類のシナリオを搭載
  • 全国の自治体における問い合わせ対応業務等の効率化に貢献

 

このパッケージは、全国の自治体で活用できる新型コロナウイルスワクチンなどの「予約受付」と、「健康観察・高齢者のみまもり」に対応した2種類の会話シナリオが用意されています。利用者ごとに電話応対用の会話シナリオを作成する必要がないため、導入期間の短縮や導入コストが軽減できます。
また、業務管理システムであるCRMや、業務プロセスを自動化するRPAとの連携が可能なため、合わせて導入することでさらに業務の効率化が期待できます。
 
 

たとえば、ワクチン予約の受付に活用することで、AI電話サービスが住民と会話をしながら希望日と空き状況を確認し、予約受付を自動で完了することができます。
さらに、CRMと連携することで、予約情報の管理や受付状況を可視化できます。そのほか、RPAと連携し、健康観察やみまもりが必要な高齢者に毎日体調を確認するために自動で電話をかけ、体調の変化を日々確認し経過を観察することも可能です。



またこのパッケージは、世界の優れた工業製品を評価する賞のひとつである「iFデザインアワード2021」において「iFデザイン賞」を受賞しました。
住民サービスの利便性向上や電話応対の呼量変動によるスタッフの稼働不足・余りを減らした、コスト最適化に優れたパッケージデザインとして評価されています。
 

NTTドコモの「AI電話サービス」、初期費用は100万円で、月額料金は10万円からとなっています。
自治体の業務効率化に貢献する高性能なサービス、詳しくはNTTドコモの専用サイトをご覧ください!

 

出典:共同通信PRワイヤー

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求