AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

FRONTEO、サプライチェーン分析AIソリューション提供開始


FRONTEOはサプライチェーン分析ソリューション提供開始しました。グローバル経済ネットワークにおけるチョークポイント(重要な海上水路など)がどこにあるか抽出し、ESG評価でサプライチェーンの安全性と健全性を確認できます。

このAIニュースのポイント

  • FRONTEOはサプライチェーン分析ソリューション提供開始
  • グローバル経済ネットワークにおけるチョークポイント(重要な海上水路など)がどこにあるか抽出
  • ESG評価でサプライチェーンの安全性と健全性を確認できる

株式会社FRONTEOは、経済安全保障に関わる国策や、企業の事業/R&D戦略の策定のキーとなる分析を提供するソリューション群の第一弾として、サプライチェーンの安全性に関する評価やチョークポイントの有無を可視化する「サプライチェーン分析ソリューション」の提供を開始しました。

昨今のアメリカと中国による技術覇権争いにより、企業は、米・中・欧州それぞれの規制を捉えながら、その中で自社にとって最善の技術戦略・事業戦略を策定する必要に迫られています。様々な企業や省庁で「経済安全保障」の文字を冠した部署が立ち上がるなど、激化する世界情勢の流れを受け、「経済」による「安全保障」実現を目指す動きが進んでいます。

サプライチェーン分析ソリューションは、現在多方面で報道されている半導体の供給や、人権デューデリジェンス(事業活動に伴う人権侵害リスク)といった問題に対し、企業がどう対応していくか、戦略的意思決定を下すうえでの現状把握に役立ちます。

サプライチェーンの分析においては、企業をノード(結び目)とし、企業間取引きをエッジ(枝)とするネットワークを構築します。そして、ノードを通る最短経路の多さを評価する「媒介中心性」や、他のノードとのつながりの多さを評価する「次数中心性」と呼ばれる指標などを用いて、サプライチェーン上のチョークポイントやハブなど、サプライチェーンにおける重要な企業を発見することもできます。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求