AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

rinna社とデジタルヒューマン社、AIを用いた雑談可能なAIを開発

  • 業種・業態

rinna社と、デジタルヒューマン社は、感情的につながるデジタルコミュニケーションが可能なAIキャラクターの開発で協業することを発表しました。

 

このAIニュースのポイント

  • AIチャットボット開発プラットフォーム製品「Rinna Character Platform」のユーザーインタフェースとして、「デジタルヒューマン」が利用可能に
  • 「Rinna Character Platform」は、会話内容や音声表現をカスタマイズしてキャラクター性を持たせたAIキャラクターを開発できる製品
  • 「デジタルヒューマン」は、表情と音声で感情を表現できるAIアバター

 

このたびrinna社とデジタルヒューマン社は、rinna社の自由に雑談するAIチャットエンジンと、デジタルヒューマン社の表情と音声で感情を表現するAIアバター「デジタルヒューマン」を統合し、人間と感情的につながるデジタルコミュニケーションが可能なAIキャラクターの開発で協業します。

 

rinna社とデジタルヒューマン社

 

rinna社は、ディープラーニング技術を活用し、AIが文脈に応じた会話文を自動生成して人間と自然に会話する「共感チャットモデル」、AIが話し声や歌声で豊かに感情を表現できるようにする「音声合成システム」などの技術を発表してきました。これらの最新技術は、会話内容や音声表現をカスタマイズしてキャラクター性を持たせたAIキャラクターを開発できる法人向けプラットフォーム製品「Rinna Character Platform」に応用されています。

デジタルヒューマン社は、会話の内容に合わせて、顔の表情、声のトーン、唇の動き、ヘッドモーション、ボディモーション、眼球運動が変化するスピーチアニメーション画像をリアルタイムに生成することができます。

 

■「Rinna Character Platform」のユーザーインタフェースとして、「デジタルヒューマン」が利用可能に

 

Rinna Character Platform

 

今回の協業により、rinna社のAIチャットボット開発プラットフォーム製品「Rinna Character Platform」のユーザーインタフェースとして、デジタルヒューマン社のAIアバター「デジタルヒューマン」が利用できるようになりました。これにより、自由に会話する能力、顔と表情、音声、視覚、聴覚を備えたAIキャラクターの開発が可能です。

両社は、Rinna Character Platformとデジタルヒューマンを組み合わせたAIキャラクターの開発で協力します。

この機会にデジタルヒューマン社のサービスをお試しされてみてはいかがでしょうか。

 

デジタルヒューマンのサービス詳細はこちら

 

 

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求