AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIとドローンがブロッコリーの花のつぼみを解析し収穫タイミングをサポート


葉色解析サービス「いろは」は、ブロッコリー 花蕾 (からい:ブロッコリーのつぶつぶ) 解析機能のサービス提供を開始しました。ドローン画像とAI解析技術による「ブロッコリー花蕾診断」はどの規格のブロッコリーが何%存在するのかを把握することが可能です。

このAIニュースのポイント

  • 葉色解析サービス「いろは」は、ブロッコリー 花蕾解析機能のサービス提供開始
  • 「ブロッコリー花蕾診断」はど
  • 「感性AIブレスト」は与えたい印象を考慮したネーミングなどをAIが複数提案する

株式会社スカイマティクスは、すでに多くの農業生産者の皆さまに導入をいただいている葉色解析サービス「いろは」に、2021年5月26日よりブロッコリーを対象とした解析機能を新たに実装し、提供を開始しました。

生育が進み過ぎると商品価値が下がってしまうブロッコリーの生産において、収穫適期を見極めることは非常に重要な要素となっています。そのため、これまでブロッコリーの生産現場では、生産者が農地を歩きながら花蕾 (からい:ブロッコリーのつぶつぶ) の生育を確認し、収穫のタイミングを判断するという運用が行われてきました。しかし、農地が広ければその分だけ確認に時間を要し、また人の目による確認作業は体力的にも大きな負担となっています。

今回開発・実装した、ドローン画像とAI解析技術による「ブロッコリー花蕾診断」は、AIが画像内の花蕾を認識し、サイズ別に集計を行います。集計結果を確認することで、撮影時点の農地において、どの規格のブロッコリーが何%存在するのかを把握することが可能となります。

 

 

10〜15cm程度という大きさの「花蕾」をAIを用いて抽出し、サイズの計測までを一貫して行います。ユーザーは、ドローンで農地の画像を撮影して「いろは」にアップロードするだけ。たった数時間で花蕾サイズ分布データがお手元に届く仕組みです。

スカイマティクスは、ブロッコリーの生産を手掛けられている大規模農業生産法人様から相談を頂いて、2019年よりドローン画像を用いたブロッコリーの花蕾抽出技術、及び花蕾のサイズ判定技術の開発に取り組んでいました。以来、収集したブロッコリー画像データは数万点に上り、現在も全国のブロッコリー畑においてデータ収集を継続し、日々解析精度の向上に努めています。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求