AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

香りを可視化するAIサービス「KAORIUM」が香水専門店NOSE SHOPで期間限定ポップアップを開催


SCENTMATIC株式会社が、株式会社BIOTOPEが運営する香水の専門店「NOSE SHOP」にて、4月1日(木)から4月24日(土)の期間中ポップアップを開催。
言語化が難しい香りをAIが解析し、利用者の好みの香りは何かを可視化しました。

 

このAIニュースのポイント

  • AIが香りを言語化するシステム「KAORIUM」が香水専門店「NOSE SHOP」でポップアップを開催
  • 入店率や買上率が共に上昇し店舗の集客・売り上げに貢献
  • 利用者とスタッフ双方に気づきや変化を与えることができるシステム

 

KAORIUMは、香りと言葉を相互に変換するAIシステムです。
曖昧で捉えにくい香りの印象を言葉で可視化したり、ある言葉に紐づく香りを導き出したりすることを可能にします。
 

 
 

ポップアップでは、セントマティックの開発した香りを言語化するAIシステム「KAORIUM」がノーズショップ新宿店・銀座店に導入されています。
事前にノーズショップの利用者から抽出した5,000件を超える香りの感じ方に関するデータを、AIが解析し、一人ひとりの好みの香りを言語化します。

今回はノーズショップにて取り扱っている個性的な香水が詰まった20本のボトルから、KAORIUMが示す言葉と好きな香りを選ぶことで、一人ひとりにあった香り選びのサポートをしました。
 

 

ポップアップ期間中の入店率は、通常時と比べて139%にアップし、お店の集客に貢献しました。
そして、KAORIUM体験者の買上率についても同じく通常時から287%に上昇し、香水における購買行動に大きく影響を与えました。
 

 

 
 

店頭で実際にKAORIUMを体験した利用者は、 「落ち着きという言葉は印象的だった。今まで、これが好きという香りがなかったけど、『ウッディ』と出てきてとても納得させられた。」とコメントしており、KAORIUMが示す言葉のサポートが購入のきっかけとなったことが証明されました。

また、ノーズショップで接客を担当しているスタッフは、「自分が好きな香りをどう表現したらいいか分からないというお客様も多い中、KAORIUMのサポートによって一人ひとりのお好みを把握しやすくなり、よりお客様に寄り添った接客ができた」とコメントしています。
 

 
 

KAORIUMは利用者だけでなく、スタッフにも新しい気付きや変化を与えるシステムであると言えます。
とても興味深いサービス、是非一度体験してみたいですね!
 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求