AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

什器の配置を考慮しながらAIが人の動きを細かく分析!高精度な人物検出・動線計測ソリューション


グローバルウォーカーズの開発する3次元姿勢推定AIモデル「GW-Pose」と、3次元自己位置推定技術「GW-SLAM」を組み合わせた新機能が登場!
最新の独自ソリューション「GW-Retail」の実証実験が実施されました。

 

このAIニュースのポイント

  • グローバルウォーカーズからAIで人物検出・動線計測する独自ソリューションが新登場、実証実験を実施
  • 什器の配置を考慮しながら人物動線と接触箇所を3次元情報として検出しトラッキング
  • どの商品が手に取られるかなどのマーケティング分析や感染症対策のための消毒箇所特定に活用できる

 

「GW-Retail」は店舗内に配置された什器の配置を考慮した人の動きを把握することができる、高精度な画像認識機能が搭載されています。
感知した人物動線や接触箇所を3次元情報として検出し、トラッキングすることが可能なソリューションです。

今回の実証実験では、パナソニック フォト・ライティングが製造したTOFカメラが活用されました。
マルコシ・シーガルが運営する食品スーパーマーケット「マルシェ・デ・キッチン」にて、2021年3月22日から4月3日まで実施されています。
 

 
 

「GW-Retail」のコア技術となる「GW-Pose」では、3次元情報を取得できるDepthカメラから取得された距離情報とRGB動画像を活用し、人の動きを人体の骨格情報から高精度に3次元計測することが可能です。
 

 

 
「GW-Retail」を活用することで、店舗内での人物動線・滞留時間を精緻な3次元情報として可視化することができます。
手にとった商品の特定を行い、POS情報のみでは判定ができない店舗内での購買に至るコンバージョンの計測が可能となります。
 
 

今回の新ソリューションは、商品陳列のどの位置の商品がよく手に取られるといったマーケティング分析や、新型コロナウイルス感染症対策の一環として消毒箇所の特定にも活用できそうです。
今後も最新技術を搭載し、顧客向けソリューションとして随時展開されるようです。

コロナ禍においても店舗側と来店者の双方に十分な需要のあるサービス、導入しない手はないですね!
 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求