AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

FRONTEO、「会話型 認知症診断支援AIシステム」ほかライフサイエンスAI事業を拡充


FRONTEO

FRONTEOは、ライフサイエンスAI事業を拡充し、「Medical Device領域」「Medical Intelligence領域」の2つを重点戦略領域として事業展開していくことを発表しました。

 

このAIニュースのポイント

  • FRONTEOは、AI医療機器の技術開発・製品開発・臨床開発・製造・販売までのプロセスを単独で行える
  • 「Medical Device領域」では、現在治験を行っている「会話型 認知症診断支援AIシステム」、そのほか転倒転落予測システム「Coroban」や「骨折スクリーニングAIプログラム」など医療機関向けのAI医療機器・ソフトウェアを開発
  • 「Medical Intelligence領域」では、DXを多角的に支援する製品を展開

 

FRONTEOは、ライフサイエンスAI事業を拡充し、「Medical Device領域」「Medical Intelligence領域」の2つを重点戦略領域として事業展開していくことを発表しました。

 

FRONTEO

 

FRONTEOが提供する「Medical Device領域」では、現在治験を行っている「会話型 認知症診断支援AIシステム」を始め、転倒転落予測システム「Coroban」や「骨折スクリーニングAIプログラム」など医療機関向けのAI医療機器・ソフトウェアの開発をしています。

そのほか「Medical Intelligence領域」では、企業やアカデミアにおける医療・創薬領域でのAI活用ニーズの高まりを受け、DXを多角的に支援する製品を展開しています。

FRONTEOは、2020年から販売している論文探索AI「Amanogawa」、ターゲット探索支援AI「Cascade Eye」に加え、製薬業界のさまざまな規制・業界ルールへの対応を支援する「Guideline Viewer」、電子カルテなどの膨大かつ専門性の高い医療情報から診断・診療支援等を行うソリューションを提供しています。

本年1月に東京都より第一種医療機器製造販売業の許可を取得し、AI医療機器の技術開発・製品開発・臨床開発・製造・販売までのプロセスを単独で行える体制を構築しています。

今後は、現在進行しているAI医療機器の開発・販売のみならず、新製品の研究・開発も積極的に進め、パイプラインの拡充を図り、ヘルスケア領域における「情報社会のフェアネス」の実現を目指すと意気込んでいます。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求