AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

リサーチステーションがチャットボットの世界市場予測をまとめた最新レポートを公開!


チャットボットレポート 表紙素材

リサーチステーションが「チャットボットの世界市場:コンポーネント別、用途・業界別2026年予測」を公開!
世界におけるチャットボット市場の最新情報を、タイプ別、展開モード別、組織サイズ別といった様々な切り口から分析しています。

 

このAIニュースのポイント

  • リサーチステーションがチャットボットの世界市場予測レポートを公開
  • タイプ、展開モード、組織サイズなど様々な切り口から分析したデータが盛りだくさん
  • 今後の成長性や動向などの最新情報を詳細にレポート

 

リサーチステーション合同会社が海外最新リサーチ「チャットボットの世界市場:コンポーネント別、用途・業界別2026年予測」を公開しました。
世界におけるチャットボット市場予測データを、タイプ別、展開モード別、組織サイズ別といった様々な切り口から分析し、最新レポートとしてまとめています。
 
 
チャットボット市場は今後急拡大が期待され、その世界市場規模は2020年で推計29億ドル、2026年段階では105億ドルに達すると予測されています。
今回のレポートは、チャットボットの世界市場について2026年までの市場予測データが掲載されています。

予測データは、市場をさまざまな切り口で細分化し、そのセグメント市場ごとの市場予測を中心に構成されています。
レポートでの各種セグメント市場の区分は、コンポーネント別市場、タイプ別市場、展開モード別市場、チャンネル別市場、組織サイズ別市場、ビジネス機能別市場、用途別市場、業界別市場、および主要国地域別市場など、かなり細かく分類されています。

また競合状況、主要企業20社の情報、市場ダイナミクス、COVID-19の影響、市場シェアなどの分析情報も加味されており、チャットボット市場の今後成長性および動向を詳細にレポートしています。
 
 
数あるAI技術の中でも、チャットボットは1番メジャーと言っても良いほど導入事例が多いとされています。
今後さらなる成長が見込めるチャットボットの市場予測、興味のある方は是非公式サイトにアクセスしてみてください!

 

出典:DREAM NEWS

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求