AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

ユーカリが丘でバスの顔認証乗車システムを検証、ユーカリが丘線にも導入へ


2021年5月10日(月)より、昨年11月に運行を開始した新規の路線「ユーカリが丘コミュニティバス」での顔認証乗車システム実証実験を開始しました。現金の支払いや定期券の提示等をすることなく、顔認証で乗車代金の決済ができるようになります。

このAIニュースのポイント

  • 「ユーカリが丘コミュニティバス」での顔認証乗車システム実証実験を開始
  • 現金の支払いや定期券の提示等をすることなく、顔認証で乗車代金の決済ができる
  • ユーカリが丘線の改札においても、事前の切符購入や定期券の読み取りをすることなく顔認証にて決済する実証実験を開始予定

千葉県佐倉市ユーカリが丘を開発する山万株式会社は、2021年5月10日 (月) より、昨年11月に運行を開始した「ユーカリが丘コミュニティバス」での顔認証乗車システム実証実験を開始します。

実証実験では、バスに乗車する際に、現金の支払いや定期券の提示等をすることなく、顔認証で乗車代金の決済ができるようになります。パナソニック株式会社の顔認証技術の活用と、ジョルダン株式会社による決済・チケット管理のシステム「JorudanStyle3.1」を導入した仕組みです。

 

 

コロナ禍の新しい生活様式が求められている中で、顔認証乗車システムによるバスの乗車は、金銭を支払ったりする事無く決済できる仕組みとなり、衛生的で安全な新たな生活様式に対応した公共交通の提供を目指し、今年夏頃には、同エリア内を走行する新交通システム「山万ユーカリが丘線」の改札においても、事前の切符購入や定期券の読み取りをすることなく顔認証にて決済する実証実験を開始する予定です。

 

 

ユーカリが丘ではバスと鉄道という異なる公共交通機関において、顔認証乗車システムで決済という同一の仕組みによる乗車代金の決済を可能とすることで、「ユーカリが丘版MsaS」実現へ向けてスタート。将来的には自家用車を利用できない高齢者や子供が安心して便利に移動できる、新しい都市交通システムの実現を目指します。

そのためにもっと気軽に移動できるようなパーソナルモビリティや、自動運転によるバス運行、ドローンタクシーといった様々な交通手段の提供を検討中です。それらの交通手段をIoT技術を用いてシームレスに利用できる仕組みの導入によって、「ユーカリが丘版MaaS」の拡充を計画していきます。

 

出典:共同通信PRワイヤー

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求