AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

イーデザイン損保、Alexaスキル開発をアイリッジのノーコード型スキル開発運用クラウドが支援


運転テーマ イメージ

イーデザイン損保の提供するAlexaスキル「運転テーマ」を、アイリッジのノーコードAlexaスキル開発運用クラウドが開発支援!
「アレクサ、今日の運転テーマを開いて」と呼びかけるだけで、安全に役立つ情報をランダムに教えてくれます。

 

このAIニュースのポイント

  • イーデザイン損保のAlexaスキルの開発をアイリッジのNOIDが支援
  • ノーコード、マウス操作とテキスト入力だけでスキル制作から運用までできるように
  • サーバー環境の準備も不要。作業にかかる時間を大幅に削減できる

 

株式会社アイリッジの提供するノーコードAlexaスキル開発運用クラウド「NOID」が、イーデザイン損保が2021年5月7日より提供開始したAlexaスキル「運転テーマ」を開発支援しました。
「運転テーマ」は、Amazon Echo等のAmazon Alexa対応デバイスに「アレクサ、今日の運転テーマを開いて」と呼びかけると、安全運転に役立つ情報をランダムに教えてくれるスキルです。

Echoシリーズ初の車載デバイスであるEcho Auto向けスキルの提供は日本初であり、注目を集めています。
 
運転テーマ イメージ
 
 

イーデザイン損保の「運転テーマ」では、過去の事故分析データから頻出事故パターンを導き出し、運転時に注意すべきポイントや役立つ情報をドライバーに提供します。
 
そして今回開発支援をするNOIDは、ノーコードで簡単にAlexaスキルが作れるクラウドサービスです。
WebブラウザからNOID管理画面に従って「ユーザーのどんな呼びかけに対して(input)」「音声アシスタントに何をさせるか(output)」をマウス操作、テキスト入力していきます。

この操作だけで、スキルの制作からストア公開まで、プログラミングの知識が無くとも直感的にワンストップで行うことが可能です。
もちろん、スキル公開後の修正やチューニングも管理画面上からできるので、運用もNOID上で完結させることもできます。

サーバー環境の準備も不要で、通常数週間から数か月かかる作業を数日程度に短縮することができるという点も魅力です。
そのため、自分用のスキルを作りたい個人の利用者や、商用にスキル開発を行いたいプロクリエイターや法人まで、様々な立場の利用者から支持を得ています。
 

Webブラウザ上でAlexaスキルを誰でも簡単に作成できれば、今後家庭で利用するためのカスタマイズなどにも活かせそうですね。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求