AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

キリンビールのギフト箱詰めをロボットで自動化する実証実験が開始


キリンホールディングスは「キリン一番搾り生ビール」ギフト商品約30,000セットの箱詰め・加工作業の一部である内箱形成作業を、独自に開発したロボットシステムと、ロボットで容易に成形できる内箱で自動化する実証実験を行います。

このAIニュースのポイント

  • キリンホールディングスは作業で対応していたギフト商品などの「商品詰め合わせ・加工作業」にロボットを活用する
  • 株主優待品である「キリン一番搾り生ビール」ギフト商品約30,000セットの箱詰め・内箱形成作業を自動化
  • 約50%の作業効率化と、重たいものを運ぶ身体への作業負荷軽減を見込む

キリンホールディングス株式会社は、社会課題である高齢化や労働力不足の解決に向けて、これまで手作業で対応していたギフト商品などの「商品詰め合わせ・加工作業」において、パッケージイノベーション研究所が独自に開発したロボットを活用する実証実験を、4月23日(金)~5月18日(火)の期間、キリンビール株式会社東京東部物流センターにて実施します。

国内では、人口減少や超高齢社会に起因する社会保障問題、日本経済の鈍化などが「2030年問題」として徐々に表れてきています。物流業界においても労働人口が減少する一方で、お客様ニーズの多様化に適応したギフト商品、アソート商品などの需要も伸びており、労働需給にギャップが発生しています。

国土交通省の調査によると、2020年時点での物流業界における労働需給のギャップは30%であり、10年後の2030年には40%、30年後の2050年には50%の需給ギャップが生まれると予測されています。

 

 

キリンが行っている「商品詰め合わせ・加工作業」の半数以上は「ギフト商品」が占めています。今回は、多くの人手が必要な「ギフト商品の加工作業」をロボットによる自動化を目指す研究開発の一環として実証実験を実施します。

作業に多くの人手が必要な内箱の折り込み作業や、ギフト商品の詰め合せ作業、加工済商品をパレットに積み上げる重労働などを自動化することで、約50%の作業効率化と、重たいものを運ぶ身体への作業負荷軽減を見込み、物流業界における労働需給のギャップ縮小、ならびに労働人口の高齢化への対応を目指します。

 

 

2020年12月期の株主優待品で、ギフト商品で一番流通量の多いサイズの「キリン一番搾り生ビール」ギフト商品約30,000セットの箱詰め・加工作業の一部である内箱形成作業を、キリンが独自に開発したロボットシステムと、ロボットで容易に成形できる内箱(特許出願中)で自動化します。

今回の実験結果をもとにキリンは、今後のギフト加工作業における作業効率化と重労働業務の削減を進め、物流業界における労働需給ギャップの解消に努めていく。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求