AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

Report Ocean、小売市場にAIがもたらす収益の成長率予測レポートを公開


Report Ocean レポート挿入画像

小売市場におけるAI技術の普及は、2020年から2027年の予測期間にわたって、29.7%を超える成長率であると予想されています。
アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカなど、世界にAIが浸透しているその実態に注目です。

 

このAIニュースのポイント

  • Report Oceanが小売市場におけるAI技術の普及・今後の成長率予測レポートを公開
  • アジア、ヨーロッパ、北米など世界中の主要地域を細かく分析し、地域ごとに収益の年間平均成長率を予測
  • 市場の将来の成長を定義するヒントや予測される課題についても細かく解説

 

小売市場に活用されるAI技術は、2019年に約30億米ドルと評価され、2020年から2027年の予測期間にわたって29.7%を超える成長率となることが予想されています。

この調査は、近年のさまざまなセグメントとそれにおける各国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することを目的として実施されました。
調査対象の地域および国内の業界における定性的な側面と、定量的な側面の両方から算出された予測数値が明記されています。

また、市場の将来の成長を定義するヒントや課題などの詳細情報も知ることができます。
企業と製品の提供状況を細かく分析するとともに、企業へ投資するためのマイクロ市場に関する情報も豊富です。
 
Report Ocean レポート挿入画像
 

近年の小売市場におけるAI技術は、ユーザーの検索・購入履歴から需要を予測しレコメンドをするなど、ショッピングのデジタル化における重要な機能となっています。
また、AI技術の活用によって業務を効率化できるため、小売業者にとっても不可欠な要素になりつつあります。
従来人間の手で行っていたマーケティングに関するデータ分析を、正確かつ迅速に処理することができるので、今後ますます世界中の市場の成長に貢献すると言われています。

さらに、小売市場におけるAI技術が増加することで、オンラインショッピングなどを提供する小売企業の事業拡大にも大きく貢献していると言えます。
例として、PayPalのAIオープンソースツールを使用した不正請求を発見する機能が挙げられます。
 
このような取り組みが話題となり、世界中の小売市場でのAI技術が採用されるようになりました。
さらに、AIチャットボットの需要が高まることでeコマース上の取引数も増加し、今回の調査で算出された年間の平均成長率にかなり影響しているようです。
 

国連貿易開発会議によると、2018年の世界のeコマース売上高は約25.6兆米ドルで、2017年から8%の増加を示しています。
同様に、Indian Brand Equity Foundationによると、eコマースセクターは2017年に385億米ドルまで増加し、2024年までには約2000億米ドルに成長すると考えられています。
このような結果から、世界中の市場成長は今後ますます強化されると予想することができます。
 

小売市場でのAI技術における地域分析は、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカをはじめとした、世界中の主要地域が対象として検討されています。
特に北米は、新技術を早期に取り入れるほか多数の市場ベンダーが存在しているため、市場シェアの点で世界をリードする重要な地域です。

アジア太平洋地域は、2020年から2027年の予測期間にわたって最高の成長率を示すと予想されています。
電子商取引セクター数の増加や、中国やインドなどの発展途上国におけるAIへの投資増加といった動きから、AIを用いたアジア全体の小売市場における収益率の成長が期待できます。
 
 

通販サイトを利用する際、チャットボットがおすすめアイテムを提案してくる、といった経験をした方は多いと思います。
普段あまり意識していないかもしれませんが、私たちの生活における身近なところにAI技術が活用され、その数はどんどん増えています。

レポートで示されたように、今後もAI技術はますます発展し、私たちの生活に必要不可欠な存在となります。
これからどのような活用事例が見られるのか、今から楽しみですね。
 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求