AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIsmiley編集部記事

市役所職員をサポート!横浜市公式LINEにモビルスの「道路損傷通報システム」を採用


横浜市 道路損傷通報システム 利用画面

モビルス株式会社の開発する自治体向けソリューション「道路損傷通報システム」が、神奈川県横浜市のLINE公式アカウントに採用されました。
5月14日より運用が開始され、利用者と市役所職員とのやりとりをサポートします。

 

このAIニュースのポイント

  • モビルスが提供する自治体向けソリューション「道路損傷通報システム」を横浜市の公式LINEに導入
  • 住民が道路や街路樹、ガードレールなどの不具合についてをLINEで手軽に報告
  • 市役所職員の対応、双方のやり取りがスムーズに

 

The Support Tech Companyとして顧客サポート支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社。
今回、神奈川県横浜市のLINE公式アカウントに、自治体向けソリューション「道路損傷通報システム」が採用され、5月14日(金)より運用開始されます。
 

「道路損傷通報システム」は、住民生活上の安全確保に欠かせない道路や街路樹、ガードレールなどの不具合、損傷、その他の異常について、住民がLINE上で手軽に報告できるチャットボットです。
市の職員は、住民から寄せられた異常個所の写真と位置情報から迅速な安全措置や修理対応を行うことができます。
 
横浜市 道路損傷通報システム 利用画面
 

また、4月27日(火)より、同アカウント上で市民向けのセグメント配信もされています。
新型コロナや防犯、観光・イベントなどの配信カテゴリから、市民が希望する情報だけをLINEで受け取ることができる便利なサービスです。

利用できるサービス

  • 横浜市からのお知らせやイベントなどの情報配信(セグメント配信サービス)
  • 横浜市ウェブサイト及び関連サイトへのリンク
  • 粗大ごみの手数料などの確認、申込み、申込内容の確認・変更・取消
  • ごみの分別案内
  • 道路損傷通報システム(2021年5月14日~)

 

モビルスの自治体支援は多岐にわたります。
子育て支援や、虐待・DVの相談窓口、コロナウイルスに関する問い合わせ対応など、各自治体の公式LINEアカウントと連携し幅広い分野でサポートをしています。
現時点で、既に全国各地の自治体がサービスを導入し、市民の生活に寄り添い貢献する動きを見せています。
 

日々多くの問い合わせが殺到する市役所において、このようなサービスはとても需要が高いです。
位置情報や写真など、詳しい情報のやり取りもできるため、市民にとっても嬉しい機能とされるのではないでしょうか。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求