AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

ダイビングする人注目!AI採寸でぴったりのウエットスーツが買える世界初のECサイトオープン!

  • 編集部記事

AIを使ったオンライン採寸機能「AI WETSUITS(AI ウェットスーツ)」を備えたECサイト「Diving Market」が2021年4月20日にオープンしました。身体全体の寸法をAIが予測し、簡単にピッタリサイズのウエットスーツを選ぶことが可能です。

このAIニュースのポイント

  • AIを使ったオンライン採寸機能「AI WETSUITS(AI ウェットスーツ)」を備えたECサイト「Diving Market」が2021年4月20日にオープン
  • 身体全体の寸法をAIが予測し、簡単にピッタリサイズのウエットスーツを選べる
  • 採寸結果とともに「アドバイス」を載せることで、サイズ決定の判断をサポート

株式会社Find Discoveryは、AIを使ったオンライン採寸機能「AI WETSUITS(AI ウェットスーツ)」を備えたECサイト「Diving Market」を2021年4月20日にスタートしました。「AI WETSUITS」は、フルオーダーに近いフィット感をオンラインで目指しているサービスです。

最近アパレル業界などでも、AIを使った採寸システムが導入されていますが、ウェットスーツの分野では世界初のサービスです。

 

 

従来のオーダースーツは、専門家が30箇所程度を採寸していました。ですが、「AI WETSUITS」は、数カ所を採寸するだけで身体全体の寸法をAIが予測します。そして、モビーディック社の50以上の多サイズスーツの中から、もっとフィットするスーツをレコメンドします。この仕組みにより、簡単にピッタリサイズのウエットスーツを選ぶことができるようになりました。

情報知能システムの専門家、東北大学大学院工学研究科IIS研究センターの鹿野教授にもアドバイスをいただき、「AI WETSUITS」のシステムは完成しました。

 

 

「AI WETSUITS」は、フィット感を高めるために2つの機能を搭載しています。1つ目は、採寸箇所を増やすことで、精度を高める「追加採寸」機能です。

基本部位以外の箇所を「追加採寸」することで、さらにフィット率を上げることが可能です。例えば「70.83%」だったフィット率が「78.66%」に向上する、ということです。
※追加採寸でフィット率が下がる場合もあり

 

 

フィット感を高めるための機能の2つ目は「アドバイス」機能。人間の身体は、首だけが太かったり、お腹だけが大きかったり、それぞれが個性的です。単純にフィット率だけでは判断できないこともあります。そこで、採寸結果とともに「アドバイス」を載せることで、サイズ決定の判断をサポートします。

ウエットスーツのオーダーに長距離移動を強いられていた方にとって、「Diving Market」は大変便利なサービスかもしれません。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求