AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

当日の混雑状況をリアルタイムで配信!板橋区の期日前投票所に混雑状況可視化サービスを導入


VACAN トップ

株式会社バカンの提供するリアルタイム空き情報配信サービス「VACAN」が、東京都板橋区の期日前投票所に混雑可視化サービスとして導入されます。
投票所の混雑状況を、アプリなどのダウンロードなしに誰でもインターネット上から確認ができます。

 

このAIニュースのポイント

  • リアルタイム空き情報配信サービス「VACAN」を板橋区の期日前投票所に導入
  • 当日の会場の混雑状況をインターネット上でリアルタイム配信
  • 来場者の分散を図り感染対策に貢献

 

株式会社バカンの提供するリアルタイム空き情報配信サービス「VACAN」が、令和3年7月4日に行われる東京都板橋区の期日前投票所に混雑可視化サービスとして導入されます。
当日の投票所における混雑状況を、アプリなどのダウンロードなしに誰でもインターネット上から確認ができます。

なお、期日前投票所のリアルタイムの混雑可視化は今回が東京23区初となります。
 
VACAN トップ
 

VACANには、マップ上で近くの施設等の空き・混雑状況を一覧できる「VACAN Maps」という機能があります。
このVACAN MapsにPCやスマートフォン等でアクセスすることで、期日前投票所の位置や混み具合を確認することができます。

​混み具合の情報は、期日前投票所の職員がインターネット上の管理画面から操作することで更新します。
表示は、「空いています」「混雑」の2段階です。
 
VACAN サービス内容
 

来場者も混雑状況や投票所の位置をスマホなどから簡単に確認できるため、密を避けやすく投票に安心して行きやすくなります。
混雑を可視化し住民の方が自主的に密を避けやすくすることで、少しでも投票しやすい環境の整備をサポートし、投票率の向上を目指します。
 
VACAN ソリューション
 

マップ上にはジャンル問わずあらゆる場所の混雑情報が表示され、全国で7,500箇所以上が掲載されています。
また災害時には避難所の混雑情報も確認でき、既に90を超える自治体が導入しています。

空き情報は、お店・施設に設置されたボタン型IoTデバイスを店員の方が操作、あるいはカメラで取得した施設内状況のデータからAIで自動判定し、更新されます。
店舗・施設の環境や予算などに合わせた様々な方法で発信しています。
 

新型コロナウイルスの感染者数が増えている中、少しでも感染のリスクを抑えるためにも、リアルタイムの情報は欠かせません。
今後ますます掲載箇所を増やしていくことで、飲食店の混雑回避や予約もしやすくなりそうです。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求